9月 | 2022 | フィンランド語講座
*

フィンランド語講座

北海道フィンランド協会

一緒にフィンランド発祥のスポーツを楽しみましょう!モルック練習プログラム

令和4年10月の日程が決まりました。
コロナ感染防止対策を取っての開催となります、ご協力ください。
今年も気軽に参加できるゲームとして普及を目指し、 楽しさ、 技術、 戦略の奥深さを学びながら、各地の大会、 交流会への参加を目標とした活動といたします。
また、今回から北海道大学モルックサークル、札幌医科大学モルック同好会の皆様にもお声掛けをして、にぎやかな練習会にしていきます。
当協会の皆様も一度参加頂ければ、楽しさのとりこになるはずです。
(新型コロナ対策にご協力をお願いいたします。 下記注意事項をご参照ください)


一緒にフィンランド発祥のスポーツを楽しみましょう!モルック練習プログラム

  • 日 時:2022年10月 8日(土)13:00〜16:00
            10月22日(土)13:00〜16:00
  • 会 場:中島公園内 自由広場周辺 (のぼりが目印)
    札幌市中島体育センター裏(地下鉄南北線 幌平橋駅徒歩5分)
  • 参加費:会員 無料 (非会員 300円)
  • 申込方法:お名前と連絡先(電話番号かメルアド)を記入のうえ、 下記にお申し込みください。
    ⇒イチカワ 080-2272-5533 E-mail:k.ichikawa @nomura-g.jp

《注意事項》
・参加者はマスク着用をお願いいたします。
・ソーシャル・ディスタンスの確保にご協力をお願いいたします。
・受付時に検温させていただきますが、 風邪の症状がある方や体温の高い方は参加をご遠慮願います。

北海道フィンランド協会理事 市川 一樹

モルックソング歌詞付き mölkkylaulu japaniksi/mölkkysong Japanese ver.

フィンランド語講座受講生 森さちえさんの「モルックソング歌詞付き mölkkylaulu japaniksi/mölkkysong Japanese ver.」がYouTubeで配信中です。

(森さちえさん)
☆日本モルック協会公認ソングとなりました☆
最近話題のフィンランド発祥スポーツ「モルック」のオリジナルソングです。動画を見て、歌を聴けば簡単なルールがわかるように作ってみました。モルックがより身近に&好きになってくれたら嬉しいです。

強風の中でしたが、白樺並木のある公園でモルックもしながら楽しく撮影しました。風にのってモルックも広まってくれるかな笑^^

動画撮影・編集:Aya☆S
協力:Kaori☆S

 

森さちえさんの歌をもっと聴きたい方はこちら→オトノキズナHikari-S

第1回そうべつモルック大会で、水本先生大活躍!

そうべつモルック大会速報!!

9月23日(祝)、雨天のため会場を室内に変更してのそうべつモルック大会が開催されました。
参加15チーム、総勢60名の活気ある大会となりました。
協会関係からは3チームが参加、2チームが準優勝と6位の成績に輝きました。

右側:フィンランド語講座 水本先生

第1回そうべつモルック大会


7・8月のモルック練習会ご報告

7月16日(土):18名(協会:5名、一般:2名、北大:6名、札医大:5名)
8月27日(土):17名(協会:7名、一般:7名、北大:3名)
両日とも多くの参加者を迎えるなか、中島公園でモルック練習会を開催しました。
天候にも恵まれ、時間も忘れる白熱した練習会となりました。

 

北海道フィンランド協会担当理事 市川 一樹



RAUMA Live Tour in Central Hokkaido 2022

フィンランド語講座受講生でフィンランドの伝統楽器「カンテレ」の演奏者・コンポーザー、あらひろこさんのデュオ RAUMA(ラウマ)のlive情報です。

RAUMA Live Tour in Central Hokkaido 2022

 

あらひろこさん 詳しくはこちら→あらひろこさんのウェブサイト

佐藤美津子さんのカンテレコンサート開催のお知らせ

フィンランド語講座旧受講生でカンテレ奏者・講師 佐藤美津子さんのコンサートのお知らせです。

tulivuori 火山

道東、川湯温泉近くの硫黄山(2022/8/25)

自分の持っていないものに憧れたり興味を抱く、人間ってそういう傾向がありますよね。自分の国にはない火山、ほとんど起こることのない地震、その他津波、台風などに興味を持つフィンランド人は多いので、それらをフィンランド語で何と言うか知っていると便利です。

まず第1弾としてtulivuori「火山」から。tuli「火」とvuori「山」の基本単語の組み合わせで、日本語と同じ発想の複合語、英語のvolcanoに比べてなんと分かりやすい発想なことか。

vuori「山」は格変化、特に単数分格の変化に注意する語で、単数属格はvuoren複数主格はvuoret、「たくさんの火山」と言いたい時は、monta vuorta(単数分格)かpaljon vuoria(複数分格)です。複数はほとんどの格が辞書形と同じvuori-からの変化となりますが「山々の」を表す複数属格はvuorien(第1属格)に負けず、vuorten(第2属格)もよく使われます。

佐藤美津子さんのカンテレワンポイントレッスン入門編 第33回

フィンランド語講座旧受講生でカンテレ奏者・指導者 佐藤美津子さんのカンテレワンポイントレッスンのお知らせです。

(佐藤美津子さん)
今週のカンテレポイントレッスンは転調の仕方です。
転調とは一つの曲の中で違う調の曲に変える事。
日本の童謡を使って簡単にできる方法を紹介しています。
曲のアレンジなどをしてみたいという方にお勧めです。
興味のある方、是非ご覧になってネ。

 

カンテレや愛犬ヴァロ君(トイプードル)のお話、料理の紹介など、ブログも好評!

詳しくはこちら→佐藤美津子さんのウェブサイト

valkosipuli ニンニク

昨秋植えて8月収穫のニンニク、乾燥中

夏休み前の火曜初級コースでは、kansallispuisto「国立公園」という語を引き合いに出して、「-nen終わりの語は、-nenの部分が-sとなって複合語を形成する」と説明しました。「国立の、国民の」を表す形容詞kansallinenは、kansallis-という形で、「公園」puistoと結びついて「国立公園」となる、というわけです。

しかし夏休み中に気がつきましたが、valkoinen「白(い)」、punainen「赤(い)」、sininen「青(い)」などの名詞と形容詞を兼ねる色彩を表す語は、valko-, puna-, sini-という形から複合語を形成します。

valkosipuli「ニンニク」はvalko-「白」+sipuli「玉ねぎ」です。夏休み明けの火曜初級コースでは、valko-で始まる複合語として他に、valkoviini「白ワイン」、Valko-Venäjä「ベラルーシ(=白ロシア)」などを語彙に入れておくことをお勧めしました。valkoinen viiniは通じますが、そのようには言いません。「赤ワイン」はもちろんpunaviiniですね。

モルックの「スキットルならべうた 」

フィンランド語講座受講生 森さちえさんのスキットルならべうた」YouTubeで配信中。

モルックで使用するスキットルは12本。
1~12の番号が書かれています。
各番号の並べる位置は決まっているので、覚えておけばゲームの進行がスムーズに。

 

森さちえさんはモルックのルールが簡単に覚えられる「モルックソング」もYouTubeで配信中。
森さちえさんの歌をもっと聴きたい方はこちら→オトノキズナHikari-S

「モルックソング」をフィンランド語で

フィンランド語講座受講生 森さちえさんのMölkkulaulu/「モルックソング」フィンランド語版 suomeksiがYouTubeで配信中。

(森さちえさん)
日本モルック協会公認「モルックソング」のフィンランド語版がついに完成!!
北海道フィンランド協会の語学講座の先生にご協力をいただきまして、フィンランドからの留学生Silja Ijasさんに訳詞をしていただきました。
フィンランド語が歌のリズムと、またフィンランドでのモルックに合うように詩を練ってくれました。

日本語版同様歌詞や動画でルールがよりわかりやすくなるようにしました。
動画を観て、聴いて、よりモルックが身近に&好きになってくれたら嬉しいです。

動画編集:Aya☆S
撮影協力:Kaori☆S

森さちえさんの歌をもっと聴きたい方はこちら→オトノキズナHikari-S