*

フィンランド語講座

北海道フィンランド協会

フィンランド語講座水本先生が北海道神宮例祭で演武

2024年6月15日、北海道神宮例祭の奉納行事として古武道の奉納演武が行われ、フィンランド語講座担当の水本先生が演武を行いました。

水本先生が所属する「古法諸新流武術」は、宮本武蔵の二天一流剣術中心に種々の古武道を組み合わせ、日本古来の本物の武術を現代に再現すべく、諸井正毅氏により創始されました。

北海道神宮では太刀や棒を使った演武などが行われました。



なお、古武道演武は毎年北海道神宮例祭時に行われているので、見逃した方は来年ご覧下さい。


「古法諸新流武術」はこちら→古武道と二刀流 諸井正毅の古武道入門

varpunen (イエ)スズメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一時期スズメの姿が全く見えなくて心配していましたが、最近は家の近くでカラスを警戒しながら飛び回っているスズメを頻繁に見かけるようになりました。

GW明けのある日のこと。屋内にいると壁からガサガサと音がします。数年前の冬、ドブネズミ(rotta)が家に侵入したのを立て続けに2匹退治したことを思い出し、ちょっと気が重くなったのですが、どうも様子が違います。

寝室の換気口のある場所の近くからいつも音が聞こえてきます。外に出て見てみると、張り出している換気口の下部が壊れています。どうやらスズメがお宿にしているか、巣を作ってヒナをかえそうとしているようです。ありがたいことに夜は音は聞こえてきませんが、朝になるとガサガサ、あるいはそのうちバタバタと羽ばたきの音も聞こえてきました。聞こえてくる音は「チュンチュン」とか「ピーピー」ではなくて、少しかん高い「キーキー」といった声が中心です。その後、巣に出入りする親スズメの姿も目撃しました。間違いなしです。

一週間ほど前の朝、複数の羽ばたきの音を最後に、音はほとんど聞こえなくなりました(その後たまに仮の休憩所に使っているスズメを除くと)。外の換気口の下にはフンや巣の一部と思われるわらくずの塊が落ちていたので、ヒナたちは飛び立って行ったようです。高いハシゴがないと外の換気口の交換はできないので、今年程度の使用状況なら来年もスズメに貸してあげようと思っています。

フィンランド語ではスズメはvarpunen、日本で見かけるスズメより少し大型で、正式にはイエスズメのことのようです。日本のスズメはpikkuvarpunenというのが正しいようですが、varpunenで大丈夫でしょう。‐nen終わりの語ですから、「2羽のスズメ」はkaksi varpusta(単数分格)、「たくさんのスズメ」はmonta varpusta(単数分格)かpaljon varpusia(複数分格)です。

親スズメ?

「フィンランドのライフスタイル展」福島へ ~ 6月22日(土)~8月18日(日)

フィンランド語講座担当の水本先生から、旧受講生でヒンメリ作家・グラフィックデザイナー 山本睦子さんの展覧会のお知らせです。


好評をもって全国を巡回している「フィンランドのライフスタイル展」が福島県のいわき市立美術館で開催されます。
東北・関東圏在住会員の鑑賞をお勧めすることはもちろん、ご親戚や知人が福島にお住いの皆さんは、展覧会につきPRしていただければ嬉しいです。

今回の展覧会では、生誕125年を迎えることを記念して2023年秋から公開された映画「アアルト」の鑑賞会も併催されます。
日程や申込み情報は下記のとおりです(いわき美HPより):
映画鑑賞会「アアルト」日程
(1)7月6日(土) 10時〜11時45分
(2)7月6日(土) 13時30分〜15時15分
(3)7月7日(日) 10時〜11時45分
(4)7月7日(日) 13時30分〜15時15分
会場:美術館3階セミナー室 
参加費:無料 
定員:各回25名(要事前申込、先着順)
申込方法:6月15日(土)9時30分から電話(0246-25-1111)でのお申し込み
「話題の映画でしたし、フィンランドデザインが好きな方なら嬉しい催しと思います。しかも無料!」(山本理事)

山本氏のご厚意により、同展覧会の招待券を協会あてにいただいています。
当協会員で鑑賞希望される方は「いわき市立美術館招待券希望」とタイトルを明記して、協会事務局(hokkaido-suomi@leaf.ocn.ne.jp)までお申し出下さい。なお、招待券はお一方2枚まで、先着順とさせていただきます。

北海道フィンランド協会事務局

 

山本睦子さん 詳しくはこちら→山本睦子さんのウェブサイト

一緒にフィンランド発祥のスポーツを楽しみましょう!モルック練習プログラム

北海道フィンランド協会からモルックに関するお知らせです。

 

モルック練習プログラム(6・7月)を行います。
一緒にフィンランド発祥のスポーツを楽しみましょう!

申込方法:
お名前と連絡先(電話番号かメルアド)を記入のうえ、 下記にお申し込みください。
⇒イチカワ 090-8906-1750 E-mail:ich1951@icloud.com


フィンランド語講座水本先生が北海道神宮例祭で奉納演武

フィンランド語講座担当の水本先生から、奉納演武のお知らせです。

(水本先生)
札幌まつりに関連して、土曜日北海道神宮の神前舞台で古武道奉納演武があり、私の流派も演武します(14時すぎから20分間)。
飽きっぽい私ですが、古武道は20年位趣味にしています。趣味歴の長さの割には下手なので、ちょっとPRは気が引けるのですが、よろしかったらお出かけください。
フィンランド語指導とは違った私が見られます(笑)。
ご参考までにプログラムをpdf添付します。

 

北海道神宮はこちら→北海道神宮 公式サイト

途中からでも大丈夫「対面&オンライン同時レッスン」2024年度フィンランド語講座入門コース受講生募集中

フィンランド語講座入門コース(初心者対象)

  • 開講日:2024年4月11日(木)*2025年3月まで1期10回の授業を4期実施
  • 日 時:毎週木曜日19:30〜21:00
  • 対面授業(フィンランド協会事務局)とZoomによるオンライン授業を組み合わせたハイブリッド授業
  • 講 師:水本秀明(北海道フィンランド協会専務理事・北海道大学非常勤講師)
  • 受講料:1期10回ごとに15,000円(北海道フィンランド協会会員割引制度あり
  • テキスト代(3,000円程度)購入要
  • ネイティブのゲストも随時参加予定
  • 開講後も随時受講・見学に応じます
    (開講後も授業録画でいつでも学習できるので、途中からの受講でも大丈夫)
  • 欠席しても授業録画で好きな時に学習OK、疑問点も補習授業で解決
    (全国の多くの受講生から好評をいただいております)
  • スマホ・タブレット・PC等でどこでも簡単にレッスンが受けられます

お申込み・お問合わせ:
下記事項も併せてお問合わせメールに記入願います
1)受講の動機
2)学習歴(全くの初心者、参考書で自学自習していたなど)
3)目標とするレベル
こちらから→フィンランド語講座お申込み・お問合わせ

 

直接担当講師(水本秀明)へメール(akilapinhullu@yahoo.co.jp)もできます

「第25回おおたき国際ノルディックウォーキング」のご案内

北海道フィンランド協会からイベントのお知らせです。

7月7日(日)第25回おおたき国際ノルディックウォーキングが、温泉と風光明媚な大滝ノルディックウォーキング専用コースで開催されます。
コースは、12㎞、9㎞、6㎞、3㎞と、初心者から経験者まで多くの方に楽しんでいただける大会です。
ノルディックウォーキングは、腕や肩も含めた上半身を使うため、全身運動になり酸素摂取量も増加しますのでトレーニング効果が大きいですよ。
伊達市大滝区の美しい自然とニュースポーツの楽しさを満喫してみませんか?
大会情報の詳細は、添付のパンフレット画像をご覧ください。
または、伊達市ホームページをご覧ください。
おおたき国際ノルディックウォーキング | 北海道伊達市 (city.date.hokkaido.jp)
皆さま奮ってご参加ください!(当協会の後援事業)

北海道フィンランド協会 事務局 鵜殿

「フィンランドのライフスタイル展」広島で開催中-6月からは福島県いわき市で

フィンランド語講座担当の水本先生から、旧受講生でヒンメリ作家・グラフィックデザイナー 山本睦子さんのイベント情報です。


どちらも広島在住で、当協会の熱烈な応援団員兼フィンランド語初級コース生の永見保浩会員と、こちらも長くフィンランド語を勉強されている山田恵会員から、展覧会のレポート(永見さん)と写真(山田さん)の提供を頂きました。両名とも当協会の理事でヒンメリ作家の山本睦子さんの作品には感銘を受けられたようですね。広島での展覧会は6月2日(日)までです。

この巡回展は次回はいわき市で、6月22日(土)から8月18日(日)まで開催されます。関東、東北在住の皆さん、どうぞ楽しみにしていてください。なお、北海道にはこの巡回展は来ないようでとても残念です。

協会専務理事(フィンランド語講座担当) 水本 秀明

 

山本睦子さん 詳しくはこちら→山本睦子さんのウェブサイト


協会事務局からのお知らせ-招待券を差し上げます―

山本氏のご厚意により、福島県いわき市開催「フィンランドのライフスタイル展」の招待券を協会あてにいただいています。
当協会員で鑑賞希望される方は「いわき市立美術館招待券希望」とタイトルを明記して、協会事務局(hokkaido-suomi@leaf.ocn.ne.jp)までお申し出下さい。なお、招待券はお一方2枚まで、先着順とさせていただきます。

【無料バーチャルツアー】週末☆オン旅ショッピング♪inヘルシンキ♯33
お散歩コーナー拡大版! 6月7日(金)20:00~20:45(日本時間)

フィンランド語講座金曜上級サークルでフィンランド語を学習中の平松さんと大西さんから、素敵なお知らせが届きました。

ヘルシンキのカンピ地区にある四つ星ホテル オリジナル ソコス プレジデンティ のお隣にあり、いつも優しい笑顔で日本人旅行客をホッとさせてくれる強い味方のお土産屋さん『ノルディス』が、旅行会社フィンツアーとコラボでお送りするオンライン旅のお知らせです。

★次回のHAPPYオン旅は6月7日(金曜日)です。20時になったらオンラインでヘルシンキへ出発!★



フィンランドで今流行っている旬のもの、いつでもそばに置いておきたい定番のもの、そしておススメの雑貨や食材などなど、毎回様々な話題を取り上げながら、フィンランドの今!を感じることが出来るオンラインツアー。

ツアーの最後にお店を出て街をお散歩する◆ノルディスさんとぶらりヘルシンキ◆のコーナーが毎回大人気です。前回は4月なのに雪がチラつくサプライズもありましたが、今回はその枠をド~ンと拡大してお届けする★特別版★になります!

2018年に開設された、流線形のデザインが印象的なヘルシンキ中央図書館「Oodi」から、新しいトンネルを通ってカイサニエミ(Kaisaniemi)までお散歩する予定です。一緒にヘルシンキの通りを歩いている気分でお楽しみ下さい♪地下鉄やトラムのお話もちょっぴり聞けるようですので、どうぞお楽しみに!


★Zoomを使える環境であれば北欧ファンの方でも北欧を知らない方でも、どなたでも無料で参加可能ですが、参加を希望される方が多い場合は期日を待たずに締め切ってしまう可能性もありますので、ご興味がありましたらお早めにご予約をお済ませください。
→→→ https://finnlivetour-nordis-33.peatix.com/

※Peatixからチケットを購入後、自動返信メールを受け取った時点で予約完了となりますので、ワクワクして当日までお待ちください♪
※参加者数増大に伴い、参加形式がミーティングからウェビナーに変更されていますので、皆さんのビデオが表示されない形式となっています。

★ツアーで紹介される商品はオンラインでご購入いただけます。事前に確認して気になったものがあれば、ツアー中の質問コーナーで質問してくださいね。画像でわかりにくかったことやグッズの使い方、そしてお菓子の味など…さまざまな疑問を解決できますので、気になる商品を事前に予習しておくのもおススメです。(お買い物代行サービスは行っておりませんので、取り扱いの無い商品のリクエストは出来ません。ご了承下さい。)
『ノルディス』を知っておきたい方は、こちらからどうぞ。 →→→ https://friend.nordishelsinki.fi/

★ノルディスさんのInstagramご存知ですか?ご興味のある方はこちらから。 
→→→ https://www.instagram.com/nordishelsinki/

(情報提供:フィンランド語講座金曜上級サークル受講生 平松・大西)

「フィンランド語日本語辞典が辞書アプリとして使用可能に」

フィンランド語講座担当の水本先生から、フィンランド語日本語辞典辞書アプリのお知らせです。

フィンランド語日本語辞典でおなじみ、トゥルク在住の幡野恒(はたの ひさし)さんよりフィンランド語学習者に朗報です。有料ですが、特にフィンランド語以外の言語も習っているという方にはこのアプリ(WordFinder)便利かもしれませんね。また無料トライアルもあります。幡野さん、早くから情報を頂いていたので、告知が遅れて申し訳ありません。

 北海道フィンランド協会語学講座担当 水本 秀明

【幡野恒さんからの情報抜粋】

この度、フィンランド語日本語辞典第5版とフィンランド語日本語大辞典が、スウェーデンに本社を置くWordFinder Software社より辞書アプリとして使用できるようになりました。
有料ですが私の辞書をネットで利用できるようになります。
サイトは以下の通りで、日本語にも対応しています。

https://www.wordfinder.com/ja/

ホームページ内にある「500冊以上の登録辞書」をクリックすると以下のサイトに飛びます。

https://www.wordfinder.com/ja/wordfinder-unlimited-titles/#/

「原文言語(すべて)」をフィンランド語に設定し、対象言語を「日本語」に設定してください。
両辞書とも書籍として発行したよりも最新のデータを入れております。
第5版が今年の春に5.1版として、大辞典が今年の夏に1.1版としてアップデートしています。
まだまだ、発展途上の辞書なので改良すべきところがありますが、豊富な語彙数と例文を誇れる辞書が引きやすくなった形になりました。
現状に甘えず、辞書の中身を向上し、アップデートをし続けていきたいと思っています。
もし興味があればご利用ください。

幡野恒さん(2016年入門コース)