8月 | 2020 | フィンランド語講座
*

フィンランド語講座

北海道フィンランド協会

火曜上級サークルの5名がテキストsuomea suomeksi 2を修了されました

フィンランド歴史教科書(読解中)

夏休み前の8月11日、火曜上級サークルの5名が中・上級者向けのテキストsuomea suomeksi 2(「フィンランド語をフィンランド語で2」)を修了されました。Onneksi olkoon! 4年と数カ月を費やしてのフィンランド語主要文法の学習、お疲れ様でした。本当におめでとうございます。

修了の5名は以下の皆さんです(アイウエオ順)。
‐佐藤美樹さん(レベルが上がるにつれ積極性がどんどん出てきて大変うれしく思っています)
‐重田亜紀子さん(火曜だけでなく、復習も兼ねての金曜上級コース参加、よく頑張りました)
‐田中佑実さん(ヘルシンキ大学留学中にコロナ禍に遭遇、帰国後実家の長崎での受講、遠隔授業のメリットを良く生かしてくれました)
‐平井孝典さん(授業を離れてもさまざまなサポートや示唆、感謝しています)
‐堀岡真由美さん(カンテレ演奏同様にフィン語の学習にも力を入れていただきありがとうございます)

対面授業ではテキストss2終了後は通常、ゲストのフィンランド人も交えて修了証授与、茶話会という段取りになるのですが、今回はそれが叶わず残念です。また修了の報告と修了証の送付が遅くなったこともお詫びします。

火曜上級サークルでは文法の復習と、既習の文法を生かした長文読解などに今後取り組んでいく予定です。夏休み明けは早速フィンランドの歴史の教科書(抜粋)の読解に取り組んでいます。

佐藤美津子さんのカンテレ演奏がいつでも聴けます

フィンランド語講座旧受講生でカンテレ奏者・講師の佐藤美津子さんのYouTubeチャンネル「さとうみつこ」が出来ました。

(佐藤美津子さん)
私の演奏動画があちこちに点在しているのを知人のT氏がまとめてくれました。アドレスは下記から。
随時演奏をアップしていきますので是非チャンネル登録をお願いします。

 

詳しくはこちら→YouTubeチャンネル「さとうみつこ」

ムーミン展開催のお知らせ

2019年の日本フィンランド外交関係樹立100周年を記念し、日本各地で開催されてきた「ムーミン展」が、いよいよ札幌でも開催されます。


ムーミン展

  • 会期:2020年9月12日(土)〜11月3日(祝)9:45〜17:00(入館は16:30まで)会期中無休
  • 会場:札幌芸術の森美術館札幌市南区芸術の森2丁目75番地
  • 観覧料(税込):一般1,500円(前売・団体 1,300円) 高校・大学生1,200円(前売・団体 1,000円) 小・中学生900円(前売・団体 700円)
    注1)( )内は前売料金、または20人以上の団体料金
    注2)65歳以上の方は当日料金1,300円(団体1,100円)、年齢のわかるものをご提示ください。
    注3)障がい者手帳をお持ちの方は、当日窓口提示でご本人と付き添いの方1名が無料。
    注4)一般1名、小・中学生1名(1,800円)券を、芸術の森、道新プレイガイド、市民交流プラザチケットセンター、教育文化会館、HTBコーナーで前売限定販売。

詳しくはこちら→ムーミン展ウェブサイト

ムーミンコミックス展

2020年はムーミン75周年。

2022年まで日本各地でムーミンコミックス展が開催されます。

日本初公開のマンガ原画やスケッチ、約280点が展示されます。

オリジナルグッズ、先行販売の商品などの販売が行われるグッズコーナーもあります。

 

詳しくはこちら→ムーミンコミックス展

あらひろこカンテレ・ソロ@JAMUSICA

フィンランド語講座受講生でカンテレ奏者、あらひろこさんのカンテレソロライヴ(同時オンライン配信あり)が行われます。


あらひろこカンテレ・ソロ@JAMUSICA

チケット購入・詳しくはこちら→あらひろこカンテレ・ソロ@JAMUSICA

tyrni サジー、シーベリー、スナジグミ(砂地グミ)…

tyrni(英語:seaberry,sea buckthornなど )

tyrniは日本ではまだあまり知られていないグミ科の植物ですが、世界的には類まれな栄養素の高さで昔から知られ、砂漠の拡大防止や土壌汚染還元が期待できるなど、食品としても植物としても今後注目を浴びそうな気がします。北海道ではむかわ町などで試験的~実用化段階で栽培されています。

実がなるにはオスの木とメスの木が必要とか

そのようなtyrniを伊達市大滝区の知人の藤田さんの畑で見かけてビックリ。前回草取りに来た時には実はなっていなかったはず。片方の木は葉が落ちている代わりに、オレンジの実がぎっしり枝になっています。もう一本の木には数年前フィンランドのボスニア湾沿いの海岸地方で見た木のように、葉と今後熟していくのだろうと予想される黄色めの実がなっていました。

フィンランドのtyrni

 

 

 

数年前旧留学生Ullaのお母さんに作ってもらったtyrniのパイ、本当に美味しかったことを思い出します。藤田さんはこのtyrni、どう活用するつもりかな?まさか鳥の餌にするにまかせるつもりじゃないですよね。

kymmenes elokuuta 8月10日(の私)

昨日は珍しく朝からちょこちょこあちこちに出かけ、夕方くたびれて帰宅しました。昨日何をしたか、入門・初級で勉強している方のために、いくつかの名詞につき格変化させずに辞書形で記します。中級以上の方は「午前」はaamupäivä、でも「午前に」はどうなるか、といった格変化を考えてみると勉強になると思います。

午前(aamupäivä)には、Siljaと畑(pelto)でミニトマト(kirsikkatomaatti、「チェリー」+「トマト」)、ナス(munakoiso)、ピーマン(paprika)などを収穫。長靴(saappaat)を普通の短靴に履き替える。帰り道、格安スーパーで買い物(ostos)した後Siljaとさよなら。その後市内中心部(keskusta)へ。午後1時半から協会常務理事でもある佐藤美津子さん門下生3ユニットによる「夏の散歩道コンサート(konsertti)」でカンテレ(kantele)、ヴァイオリン(viulu)、アイヌのトンコリなど楽器の音楽(musiikki)を楽しむ。会場では佐藤さんの他、ご主人、白井理事、旧受講生などの元気な姿を見ることができ安堵。

コンサート後は駐車場(parkkipaikka)までの道すがら、道産品販売ショップ・沖縄ショップで、またまた買い物後帰宅。

話は変わりますが、昨日の北海道新聞朝刊に、「首相のあいさつ広島と文面酷似」との小さな記事の中に「6日と9日に広島市、長崎市の両被爆地でそれぞれ開かれた平和式典での安倍晋三首相のあいさつの文面が酷似しているとして、被爆者から『何のために被爆地まで来たのか。ばかにしている』と怒りの声が上がった。」との文章がありました。おそらく自分の言葉で語ることはせず官僚の作文の棒読みで済ませたのだとは思いますが、ことばに関わる者としては戒めとなる出来事と記事でした。

今日と明日の授業でクラスの授業は夏休み(kesäloma)になります。今日の火曜上級サークルでは中・上級用のテキストsuomea suomeksi 2を修了予定です。修了の皆さん、4年強の勉強、よく頑張りました。今後もどうぞよろしくお願いします。

カンテレを弾くリスのTシャツが新発売

以前ご紹介した「カンテレを弾くリスのトートバッグ」は大人気。人気色は入荷待ち状態が続いていますが、同じデザインのTシャツができました。

家族皆で着られるTシャツ

トートバッグと同様、デザイナーのビョルンとのコラボレーションです。(あらひろこさん)

色はホワイト、ブルー、チャコールグレーの3色。サイズが豊富なのでご家族皆で着られます。

詳しくはこちら→あらひろこさんのショップ Pikku Lintu Kantele

赤ちゃん歯ブラシプレゼントキャンペーン中(NPO北海道ネウボラ)

フィンランド語講座担当の水本先生から、「NPO北海道ネウボラ」のお知らせです。

赤ちゃん歯ブラシプレゼントキャンペーン中です。詳細はNPO北海道ネウボラのフライヤーをご覧ください。

NPO北海道ネウボラ

NPO北海道ネウボラフライヤー

舘野泉 ピアノ・リサイタル

フィンランド語講座担当の水本先生から、「舘野泉 ピアノ・リサイタル」のお知らせです。

「左手のピアニスト」として有名な舘野泉さんのコンサートが札幌で行われます。フィンランド語講座旧受講生の中には舘野泉ファンクラブで活動していらっしゃる方も。

詳細は舘野泉 ピアノ・リサイタル フライヤーをご覧ください。

201028舘野泉ピアノ・リサイタル(協会後援)

舘野泉ピアノ・リサイタル フライヤー


舘野泉 ピアノ・リサイタル