3月 | 2020 | フィンランド語講座
*

フィンランド語講座

北海道フィンランド協会

hiljainen viikonloppu 静かな週末

最近は自室のペーパーレス化を目指して、古い書類の整理、そして必要なものはスキャナー(skanneriあるいはkuvanlukija)を使っての保存に取り組んでいます。今週整理しているのが、北海道大学での授業記録。北大勤務で友人のTさんの多大な援助もあって、北大のフィンランド語非常勤講師を拝命したのが2006年。開始がずれ込んでいる2020年度の授業が始まれば、15年目ということになります。Aika lentää.「時間は飛ぶ」→「光陰矢の如し」です。

書類を整理しながら、印象に残る過去の学生のことを思い出したり、生徒の質問にどうやって答えようかと苦労している自分の姿を思い出して苦笑いしたりしています。最近は授業で使っていませんが、お蔵入りさせるには惜しい教材が出てきたりと、時にはうれしいこともあります。

青森県大鰐町で Kuva:Aki

そのような教材の中から加藤周一の詩「さくら横ちょう」とそのフィンランド語訳が出てきました。桜満開の首都圏は花見も自粛のようですが、数週間後の札幌はどうでしょう。札幌も花見自粛でしたら、下記の詩をご自分のレベルに合わせて鑑賞してください。タイトルの「さくら横ちょう」はKirsikka「桜」と Kuja「小路、小道」の2語で表現していますが、通常なら1語でKirsikkakujaでしょう。これなら、Espoo, Vaasaなどの町にも実在する通りの名前です。加藤周一の「さくら横ちょう」も東京の渋谷の下町にあった横丁で、この詩の石碑もあるとか。ではまず原詩から。

さくら横ちょう (1951) 加藤周一

春の宵 さくらが咲くと
花ばかり さくらの横ちょう
想い出す 戀の昨日[きのう]
君はもうここにいないと

ああ いつも 花の女王
ほほえんだ夢のふるさと
春の宵 さくらが咲くと
花ばかり さくら横ちょう

會ひ見るの時はなからう
「その後どう」「しばらくねえ」と
言ったってはぢまらないと
心得て花でも見よう
春の宵 さくらが咲くと
花ばかり さくら横ちょう

戀は「恋」、會ひ見るは「会い見る」、はぢまらないとは「始まらないと」ですね。次にフィンランド語訳。残念ながら訳者不明なのですが、日本に派遣されたルーテル福音派のフィンランド人宣教師のどなたかの訳ではないかと推測しています。

Kirsikka Kuja (1951) san. Syuichi Kato

Kevään ilta kun kukkii kirsikkaa.
Paikka on täynnä kukkaa.
Muistan eilisen rakkauden.
Sinä et ole täällä.

Oi, ainainen kukkien kuningatar.
Hymyilevä unien kotikaupunki.
Kevään ilta kun kukkii kirsikkaa.
On täynnä kukkaa.

Enää emme tapaa
“Mitä kuuluu” “Pitkästä aikaa”
Sanomme turhaan,
katsokaamme vain kukkia.
Kevään ilta kun kukkii kirsikkaa.
On täynnä kukkaa.

今年の桜が散ったら、できるだけ早くお互い「會ひ見る」ことができることを祈っています。

弘前城の外濠 Kuva:Eemeli Jylhä

複合語を覚えて語彙拡充を

これから2か月強、クラスの授業を実施しないことが決まりました。残念ではありますが、長い春休みだと考えて復習に力を入れてみてはどうでしょうか。すでに今週の月曜日から、私が担当の入門・中級・上級・上級サークルの各コースの皆さんには週1回、簡単な課題(やる、やらないは自由です)を出すようにしています。

また、受講生の皆さん、それから4月から新たにフィンランド語を学ぶ気満々だった皆さんのモチベーション低下を防ぎ、今後の勉強にも役に立つような情報や豆知識をブログ欄にときどきは掲載しようと思います。今日はその第1回。

フィンランド語の多くの単語は、英語に代表されるゲルマン語系の言語とは異なっていることが多いので、一から(数字などはゼロから)覚えていかなければならず、学習者の多くから「(文法以前に)単語が覚えられない」という声をよく聞きます。教える側からしても視覚教材を使ったり、指導にクイズやゲーム性を持たせるようにしたり、歌を歌いながら覚えてもらったりと、さまざまな方策を考えていますが、初級者には「複合語をたくさん覚えるのは語彙拡充に大いに役に立ちますよ」と言うようにしています。

テキストsuomea suomeksi 1(ss1)の1課に出てきますが、kuvaは「絵」、kirjaは「本」ですからこの二つを繋げたkuvakirjaは「絵本」、つまりkuvakirjaという語を覚えれば、「絵本」だけでなく、「絵」と「本」という語も自分の語彙に入れることができます。英語もpicture bookですが分けて(2語で)書きますよね。

さらに日本人学習者にありがたいのが、複合語を作る際の発想が英語などよりも日本語にずっと似ていることが多いということです。同じくss1の1課に出てくるsanakirja「辞書」はsana「単語」+kirja「本」から成り立っていますが、英語はdictionaryです。教科書には出てきませんが、jääkaappi「冷蔵庫」はjää「氷」+kaappi「戸棚」という発想で、英語のrefrigeratorよりずっとわかりやすい発想で語形成がされています(英語の綴りに自信がなく辞書で調べるという面倒なおまけまでついてしまいました)。lento「飛行」+kone「機械」=lentokone「飛行機」、tuli「火」+vuori「山」=tulivuori「火山」、haju「香り」+vesi「水」=hajuvesi「香水」などは日本人にはとても分かりやすい語構成になっています。

ss1の12課に登場する語、tieto「知識」+sana「単語」+kirja「本」=tietosanakirja「百科事典」などは覚えてしまえば、一石四鳥、一石五鳥だということがお分かりかと思います。また日本語とは発想が違うものの、ほほえましい、あるいは共感できる語構成をしたものがたくさんあります。tieto「知識」+kone「機械」=tietokone「コンピューター」、meri「海」+siili「ハリネズミ」=merisiili「ウニ」、mesi「(蜂)蜜」+kämmen「手のひら」=mesikämmen「熊(karhu)[の愛称の一つ]」、極めつけはlohi「鮭」+käärme「蛇」=lohikäärme「龍」です。

複合語を意識する、すなわち一つの単語の中に複数の語が含まれているかを意識することは、長い語を正しく発音することにもつながるので、フィンランド語の読みを苦手としている学習者にもお勧めします。

入門講座開講延期のお知らせ

2020年度フィンランド語入門講座にお申込み/受講を検討中/お問い合わせがあった皆さんへお知らせします。

4月11日(土)に開講を予定していたフィンランド語入門講座は、開講日を6月6日(土)まで延期いたします。
新型コロナウイルス感染症について、終息の見通しが立たない状況での開講は望ましくないと判断したためです。

この日程は暫定的なものであり、再度延期する可能性もあります。

開講日延期の理由につきましては、北海道フィンランド協会HP3/21付の記事
「2020年度フィンランド語学講座の開講延期について」 
に、決定事項他、その結論に至るまでの経緯を記載しておりますのでご一読下さい。

既に申し込み済みの方には特に、意気込みに水を差すことになってしまったことを、私たちとしても大変残念に思っています。
開講延期に伴いまして、皆さんにお伝えしたい点が2点あります。

1.一度、皆さんの受講の意思を確認させて下さい。
現在までに二十余名の方からお申込み・お問い合わせを頂いておりました。
しかしながら、一旦は申し込み・問い合わせをしたけれど受講の意思が薄らいでしまった、という方もいらっしゃるかも知れません。
6月6日(土)開講予定のフィンランド語入門講座の受講をご希望される方は、お手数ですが担当講師)まで再度ご一報下さい。
「受講するかどうかまだ迷っている」「今年度は受講を見合わせる」などの意思表示でも結構です(具体的な理由は必要ありません)。
勝手ながら今月末を目途にご連絡頂けると大変ありがたいです。

ご参考までに、2020年度のフィンランド語入門講座の概要は下記の通りです。

・開講日は6月6日(土)を予定。時間は19:20~20:50。
・2021年3月までに、3期合計30回の授業を行う(例年は4期40回)
・受講料は1期13,000円(フィンランド協会会員価格)
・会場はかでる2・7を使用

皆さんからの回答も参考にし、受講生募集活動の計画を再考したいと思います。例年受講生数に上限は設定していませんが、感染予防の観点から座席間隔に余裕を持たせることも検討しており、そのため、今年度に関しては、途中で募集を打ち切ることがあるかも知れません。

2.初期費用の納入は5/11以降にお願いします。
授業料・テキスト代・フィンランド協会入会金と年会費(会員となって受講される方)等の初期費用納入は、5/11(月)以降にお願いします
振込後には、担当講師まで、お名前、入金額とその内訳、振込先金融機関名をお知らせ下さい。テキストの郵送をご希望の方には、振込を確認した後に関連資料と共に順次発送いたします。

既に授業料を納入済みという方は、開講時までお預かりさせて頂きたいと思いますが、ご希望の方には返金いたします。その際は振込にて対応いたしますので、金融機関名、口座番号等、必要な項目を併せてご連絡下さい。

授業開始までの間、水本専務理事と私で、語学講座のブログにフィンランドやフィンランド語に関する話題を掲載する予定です(不定期)。時々覗いてみてください。

年度末で慌ただしい日々を過ごしている方もいらっしゃるかも知れません。
どうぞご自愛ください。

2020年度 フィンランド語入門講座担当 片瀬 康勝

春の散歩道コンサート 延期のお知らせ

春の散歩道コンサート

フィンランド語講座旧受講生でカンテレ奏者・講師の佐藤美津子さんが、生徒さん達とともにコンサートを行います。

「フィンランドの伝統楽器カンテレを愛好する佐藤美津子門下生によるユニットのコンサート」
バイオリニストの多賀 白さんをお迎えしてクラシック曲やフィンランド伝統曲などカンテレの魅力を存分にお聞きいただきます。(佐藤美津子さん)

今回は多忙のためフィンランド語講座中級コースをお休み中の千恵子さんも、参加します。

第一部ではリンゴンベリー(19弦カンテレユニット)によるフィンランドの伝統曲やカンテレカンタービレ(クラシック声楽ユニット)によるアイルランド民謡他の演奏。
第二部ではゲストのバイオリニスト、多賀 白さんとカンテレによるバッハの曲演奏、アンサンブル みゅう(佐藤美津子門下生有志)によるフィンランドと日本の曲演奏が行われます。


春の散歩道コンサート

 

(佐藤美津子さん)

大変残念ですが、コロナウイルス自粛の為下記のコンサートを8月10日(祭)に延期致します。
同じメンバーで会場は同じで開催致します。
皆が安心して健全な状態でコンサートを開催したいと思いますので、どうぞ宜しくお願いします。
尚、チケットをご購入された方でご連絡の取れる方は買われた方から精算して頂いて下さいませ。
又、このチケットは延期になった8月のコンサートでも使用可能ですのでそのままお持ち頂いても大丈夫です。
又、4月12日の当日午後1月半〜2時半まで会場にて返金することもできます。
まだまだ収束がみえませんが、皆様もどうぞお気をつけてお過ごし下さい。

詳しくはこちら→佐藤美津子さんのウェブサイト

フィンランド語講座を受講中・新規受講を考えられている皆さんへ
6月まで開講延期のお知らせ

道内ではコロナウイルスの感染による非常事態宣言の延長こそなかったものの、感染拡大については予断を許さない状況が続いています。
今後も近日中に「終息宣言」的なものが発せられる可能性は低そうです。
このような現況、およびフィンランド協会役員、そしてサークルを含む各コースの1-4名程度の方の意見も参考にさせて頂き、19日に片瀬先生と協議した結果、基本的に授業再開を6月第1週まで延期することとしました。
意見を出していただいた受講生の皆さん、急ぎのお願いに対応していただきありがとうございました。
すでにメールで、下記とほぼ同内容が受講中の皆さんのお手元に届いていることとは思いますが、重要な決定ですので、HPでも告知します。

 

【決定事項他】

  1. GW明けに再度片瀬先生と協議することにしていますが、感染拡大の鎮静化を条件として、各コースの新年度の授業を6月第1週から開始する予定です。
  2. 来年度は2021年3月まで、各コース3期30回の授業を行う予定です。
  3. こちらもGW明けに片瀬先生と判断しますが、フィンランド協会主催の入門・初級・中級、および水本主宰の水曜上級サークルの今年度の未実施授業(1ないしは2回)と補習については、可能であれば5月下旬に行いたいと思います。
  4. 来年度第1期の授業料・新規受講者の初期費用納入については5月11日(月)以降の支払いをお願いする予定です。
    協会年会費(一般3,000円、学生2,000円)は4月に入ってからいつでも納入していただいて構いませんが、受講中の方で第1期の授業料とフィンランド協会の年会費を一緒にお支払い予定の方はGW明けまでお待ちください。
    なお既に授業料納入済みという方は、できれば納入金を開講までお預かりさせていただくという形を取りたいと思いますが、もちろん随時返金にも応じます。担当講師までお問い合わせください。
  5. 休講期間中皆さんのモチベーションを維持し、怠け心を戒めるため(!)に、両講師から簡単な課題(取り組むのは皆さんの自由意思にお任せします)を出したり、フィンランド協会語学講座HPに何かフィンランドに関する話題などを投稿したりする予定です。
    私の方では早速、来週明けに担当の各コースごとに課題を出したいと思っています。
    休講期間中に疑問点が出てきた際には、どうぞ遠慮なくメールで両講師に質問してください。
    また授業再開を含め、不明な点がありましたら遠慮なくお問い合わせください。
  6. 片瀬康勝先生担当の初心者対象入門コースも6月6日開講予定で、受講者の募集停止は行っていませんので、もし皆さんの周囲にフィンランドファン(&予備軍)の方がおられましたらどうぞPRください

    詳しくはこちら→ 2020年度フィンランド語講座入門コース受講生募集

  7. 転居・転勤・就職等で新年度の授業が受講できない、あるいは受講を希望されない方は、お早めに担当講師までご連絡ください。

 

何よりも6月には受講生もゲストのフィンランド人も、不安なくクラスに通える状況になっていることを願っています。
フィンランド人留学生たちは冷静に事を受け止めていますが、現在春休みで帰国中のJari君が日本に戻れない状況になっているなど、やはり影響が出ています。
私が非常勤を務める北海道大学も授業開始が4月15日からと1週間繰り下がり、祝日や午後6時以降に授業を行って対応しようとしている状況です。
このように閉塞感漂う世の中ですが、私は授業のない時間帯には、フィンランド語の教材の手直しをしたり、今まで読む時間がなかった本を読んだり、散歩に出かけたりとのんびり過ごしています。
皆さんも良い充電期間を作って授業に戻ってきてください。
それでは多くの方と近いうちの再会を期して!

 

北海道フィンランド協会専務理事(語学講座担当) 水本 秀明

2020年度フィンランド語講座入門コース受講生募集中

フィンランド語講座入門コース(初心者対象)

  • 開講日:4月11日(土) 6月6日(土)開講予定
  • 毎週土曜日19:20〜20:50
  • 会 場:かでる2・7
    札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル
  • 講 師:片瀬 康勝(北海道フィンランド協会理事)
  • 受講料:1期10回ごとに15,000円(北海道フィンランド協会会員割引制度あり)
  • テキスト代(3,000円程度)購入要
  • ネイティブのゲストも随時参加予定
  • 2021年3月まで1期10回の授業を3期30回実施予定
  • 受講者数によっては会場変更の可能性があります
  • 開講後も随時受講・見学を受け付けます

片瀬先生のレッスン(2020年)

お申込み・お問合わせはこちら
(できるだけメールでお願いいたします)
フィンランド語講座お申込み・お問合わせ

 

直接担当講師(片瀬 康勝)へメール(p_runner@hotmail.com)もできます

 

北海道フィンランド協会事務局
(月・火・木・金 10:00~17:00)
TEL:011-788-2011