1月 | 2022 | フィンランド語講座
*

フィンランド語講座

北海道フィンランド協会

osake 株

「左手のピアニスト」舘野泉さんが初めてフィンランドに行ったとき、ヘルシンキ中心部のところどころで”OSAKE”の表示や看板を見かけ、「フィンランドって(特に左党の)日本人にはいい国だなあ」と妙に感心し、後日osakeがフィンランド語で「株、株式、株券」を指すことを知ったという逸話があります。「株式会社」はosakeyhtiö(Oy, oy., OYなどとよく略標記される)です。

私も含め株式相場に関心のないものが気になる「株」は、デルタ株、オミクロン株などのコロナ関連の変異「株」でしょう。こちらはosakeは使わずmuunnos(本質的には「変更、修正、異形」などを表す名詞、生物学では「種類」、数学では「変換」などを表す)を使い、deltamuunnos, omikronmuunnos (delta-muunnos, omikron-muunnosも散見)などと表記します。

最後に、osake(-e終わり、kk:kのkpt変化もあり), muunnos(子音終わり)はそれぞれ変化の難しい名詞ですので、学習者用に主だった格変化を確認しておきましょう。
osake : osakkeen[単数属格]、osaketta[単数分格]、osakkeita[複数分格]、osakkeiden/osakkeitten[複数属格]
muunnos : muunnoksen[単数属格]、muunnosta[単数分格]、muunnoksia[複数分格]、muunnoksien/muunnosten[複数属格] 

道東のフィンランドイベント、再延期

2022年度フィンランド語講座入門コース担当の水本先生から、鹿追町のイベント再延期のお知らせです。

1月29日(土)に予定されていた鹿追町男女共同参画セミナー「フィンランドに学ぶ・話す 充実の2時間」は、コロナ感染状況の急拡大と、それに伴い道内でも週明けにまん延防止等重点措置が適用される見込みになったことから、残念ながら再延期となりました。
日程を変えず、オンラインでの開催も模索されましたが、町側、そして講師のミアさん・ネッタさん共に、対面での交流が望ましいという点で一致し、再延期となりました。今年秋以降の実施を予定しています。

 専務理事(フィンランド語講座担当)水本秀明

hamsteri ハムスター

皆が寝静まった頃活動開始!

ペット(lemmikki、あるいはlemmikkieläin)を飼わなくなって久しいのですが、お正月に合わせて遊びに来た妹の子どもたちのハムスターがまだ居候しています。

名前は「おもちちゃん」、餅はriisikakku(riisi「米」+kakku「ケーキ」、英語ならrice cakeと2語になりますかね)、なかなか上手く名付けたものだと感心しています。

ハムスターはドイツ語のhamstern(フィンランド語ならrohmuaminen「溜め込むこと」)が語源のようです。実際フィンランド語でもhamstrataという動詞(初級以上の方、タイプⅣの動詞です)があり、特に不景気や何かが欠乏している時に溜め込むという意味です。外来語由来の動詞だからですが、子音が4つも続くのは珍しいですね。そしてそのようにあまり意味なくいろいろ溜め込む人を、比喩的にhamsteri、あるいは「hamstrataする人」の意味でhamstraaja(-jAは「~する人、する道具」の意味)と言うそうです。

外来語は-i終わりのことが多いことにお気づきの方も多いと思いますが、複数の格変化がちょっとややこしく、複数分格はhamstereitaかhamsterejaと2種(前者の方がポピュラーか)、複数属格はhamstereiden, hamstereitten, hamsterienと3種もあります。単数変化は簡単で、2匹のハムスターならkaksi hamsteria辞書形+単数分格のサイン-aです。

佐藤美津子さんのカンテレワンポイントレッスン入門編 第13回

フィンランド語講座旧受講生でカンテレ奏者・指導者 佐藤美津子さんのカンテレワンポイントレッスンのお知らせです。

(佐藤美津子さん)
今年の初の「カンテレポイントレッスン」です。
最初の曲はフィンランドに古くから伝わる伝統曲「ルノラウル」の中から「カレワラのメロディ」という曲です。
小学生6年生の女の子と弾いてみました。
とてもシンプルですが何か懐かしさがこみあげてくる曲です。
私の大好きな曲で思い出深い曲でもあります。

 

カンテレや愛犬ヴァロ君(トイプードル)のお話、料理の紹介など、ブログも好評!

詳しくはこちら→佐藤美津子さんのウェブサイト

puolukkahillo コケモモジャム

田舎道の日当たりの良い路肩に群生するpuolukka

Hyvää uutta vuotta! 明けましておめでとうございます。どのくらいの方がこの「ブログ欄」を見てくださっているのか見当もつかないのですが、前回投稿してから1か月位空いてしまいました。今後はもう少し頻繁に話題提供したいと思います。

コロナ禍の中、買い物はできるだけ1か所でまとめ買いするようにしているのですが、特定の店舗にしかない品物がたまにあり、数軒掛け持ちを余儀なくされることがあります。

私は甘いものにはそれほど執着がないのですが、ジャムはたまに食べます。といってもあまり甘すぎるジャムは好きではないので、たまにコケモモジャムpuolukkahillo (puolukka「コケモモ」+hillo「ジャム」)を買います。ところがコケモモジャムはあまり人気がないのか、近くのLスーパーにしか置いていません。

私のジャム瓶が、お正月遊びに来ていた妹の子どもたちに食べられて空っぽになってしまったので、昨日Lスーパーに買いに行きましたが、なんと、コケモモジャムの姿が見当たりません。どうやらLスーパーでも置かなくなってしまったようです。少し離れたA系の大きなショッピングモールの中のスーパーにはなかったはずと思いつつ、未練がましく確認しに行きましたが、やはりありませんでした(この大手スーパーの私が行く店舗は、私が好きな生のディル(tilli)も置かなくなってしまい、がっかりしています)。

コケモモはやはり人気がないのでしょうか?何年か前に空知地方のお菓子屋さんから「コケモモ羊羹を試作してみたのだが試食してもらえないか」と依頼があり、フィンランド人と一緒に試食した記憶がありますが、あのコケモモ羊羹、商品化されたのだろうかと急に気になり始めました。

ラジオ(FM北海道 / AIR-G’)でモルック「mölkky」が紹介されます

ラジオ FM北海道 / AIR-G’の番組「北川久仁子のbrilliant days×F」でモルック(mölkky)が紹介されます。

1月14日(金)のbdFは「ゆるスポーツ特集」!

モルックの取材で当協会、常任理事 市川一樹が番組に生出演します。 


放送予定:2022年1月14日(金)14:40〜15:10

聴き逃してしまっても、radiko(ラジコ)で聴けます。
*radiko(ラジコ):あなたが今いるエリアで放送しているラジオ局をパソコンやスマートフォンで聴くことのできるサービス。
*北海道内は無料で聴けます。ただし放送エリア外の場合、ラジコプレミアム(有料)会員の方のみ聴けます。

詳しくはこちら→北川久仁子のbrilliant days×F

 

モルック「mölkky」についてはこちら→モルックのルールが簡単に覚えられる歌

モルック対決!「1億人の大質問!?笑ってコラえて!(日本テレビ)」で放送

(公式ツイッターより)
スタジオでモルック対決開催
昨年10月にご紹介したフィンランド発祥の競技モルック
日本代表を交えて
所さん・栞里ちゃんVSスタジオゲストチームが対決

 

放送日:2022年1月12日(水)19:56〜 
1億人の大質問!?笑ってコラえて!(日本テレビ)

 

配信あり。詳しくはこちら
1億人の大質問!?笑ってコラえて!


モルック、今流行中?北海道フィンランド協会ではずっと昔からやっていたよ。

受講コースのご案内

発音から始める入門コースから自由に会話を楽しめるようになる上級コースまでレベルに合わせた講座を選択できます。
使用テキストや日程・会場については各コースの詳細をご覧ください。

各コースともに留学生や札幌在住のフィンランド人のゲストが随時授業に参加します。
普段聞くことの出来ないフィンランド語やフィンランド文化に触れる機会になります。

入門コース

フィンランド語初心者対象のコースです。例年夏頃までは新規受講生を受け入れています。

開講日時
月曜日 19:30~21:00
担当講師
水本秀明(北海道フィンランド協会専務理事・北海道大学非常勤講師)
ゲスト  
札幌在住のフィンランド人(随時)
使用テキスト
「suomea suomeksi 1 (フィンランド語をフィンランド語で1)」テキスト代:3,000円(税込)
※上記テキストは修了までに1年半~2年程度使用予定です。
受講料
1期10回 13,000円(会員)、15,000円(非会員)
入会案内はこちら→北海道フィンランド協会入会案内
会場
Zoomによるオンライン授業、ハイブリッド授業(フィンランド協会事務局で対面授業)も有。

2019年入門コースの様子(対面授業)

初級コース

入門講座を修了か、1年程度学習歴があるフィンランド協会の会員を対象としたコースです。

開講日時
火曜日 19:30~21:00
担当講師
水本秀明(北海道フィンランド協会専務理事・北海道大学非常勤講師)
ゲスト  
札幌在住のフィンランド人(随時)
使用テキスト
「suomea suomeksi 1 (フィンランド語をフィンランド語で1)」テキスト代:3,000円(税込)
受講料
1期10回 13,000円(会員料金)
会場
Zoomを使ったオンライン(場合によってはフィンランド協会事務局で対面を組み合わせ)授業
ゲストと時間表現の練習

ゲストと時間表現の練習