*

フィンランド語講座

北海道フィンランド協会

junamatka 列車の旅

只見駅で

只見町内で

この冷たい蕎麦が絶品、コゴミの漬物はサービス!

昔は飛行機(lentokone)の旅が嫌いだった(怖かった)ので鉄道の旅が大好きでした。鉄ちゃんや鉄子という用語が生まれる前から、鉄分多めだったと思います。

GW前半の東北の旅、数十年ぶりに新潟の小出と福島の会津若松を結ぶ只見線に乗って夏のような陽気の一日を楽しんできました。2011年の東日本大震災から4か月後の豪雨で鉄橋が流されるなどして11年間も不通区間があった路線で、一昨年の秋に奇跡的に全線開通しました。学生時代に新潟県の区間を冬に、そして確か雪のない季節にも一度全線利用したはずなのですが、あとの方の旅についてはほとんど記憶がありません。

小出から奥会津の只見へ、只見で2時間強の乗り換え時間に駅周辺を散歩して、駅前でおいしい蕎麦を食べてから、トロッコ車両の「風っこ」に乗り込みました。

11年間もの長い不通の後、よくレールが一本に再びつながったものです。鉄道網がすっかり歯抜けになってしまい、フィンランド協会の支部もある名寄から稚内までの宗谷本線さえ廃止論議が出ている(JR)北海道では考えられないような復活劇です。六角さんの「ディーゼル」を口ずさみたくなるような、新潟側の素朴な田園風景、福島側の川沿いの美しい景色が楽しめた旅でした(歌に出てくる海岸線は走らないけれども)。紅葉の季節もきれいなんだろうなあ。

 

「風っこ」号車内

只見駅停車中の「風っこ」号

「フィンランドのライフスタイル展」広島で開催中-来月からは福島県いわき市で

フィンランド語講座担当の水本先生から、旧受講生でヒンメリ作家・グラフィックデザイナー 山本睦子さんのイベント情報です。


どちらも広島在住で、当協会の熱烈な応援団員兼フィンランド語初級コース生の永見保浩会員と、こちらも長くフィンランド語を勉強されている山田恵会員から、展覧会のレポート(永見さん)と写真(山田さん)の提供を頂きました。両名とも当協会の理事でヒンメリ作家の山本睦子さんの作品には感銘を受けられたようですね。広島での展覧会は6月2日(日)までです。

この巡回展は次回はいわき市で、6月22日(土)から8月18日(日)まで開催されます。関東、東北在住の皆さん、どうぞ楽しみにしていてください。なお、北海道にはこの巡回展は来ないようでとても残念です。

協会専務理事(フィンランド語講座担当) 水本 秀明

 

山本睦子さん 詳しくはこちら→山本睦子さんのウェブサイト


協会事務局からのお知らせ-招待券を差し上げます―

山本氏のご厚意により、福島県いわき市開催「フィンランドのライフスタイル展」の招待券を協会あてにいただいています。
当協会員で鑑賞希望される方は「いわき市立美術館招待券希望」とタイトルを明記して、協会事務局(hokkaido-suomi@leaf.ocn.ne.jp)までお申し出下さい。なお、招待券はお一方2枚まで、先着順とさせていただきます。

「第25回おおたき国際ノルディックウォーキング」のご案内

北海道フィンランド協会からイベントのお知らせです。

7月7日(日)第25回おおたき国際ノルディックウォーキングが、温泉と風光明媚な大滝ノルディックウォーキング専用コースで開催されます。
コースは、12㎞、9㎞、6㎞、3㎞と、初心者から経験者まで多くの方に楽しんでいただける大会です。
ノルディックウォーキングは、腕や肩も含めた上半身を使うため、全身運動になり酸素摂取量も増加しますのでトレーニング効果が大きいですよ。
伊達市大滝区の美しい自然とニュースポーツの楽しさを満喫してみませんか?
大会情報の詳細は、添付のパンフレット画像をご覧ください。
または、伊達市ホームページをご覧ください。
おおたき国際ノルディックウォーキング | 北海道伊達市 (city.date.hokkaido.jp)
皆さま奮ってご参加ください!(当協会の後援事業)

北海道フィンランド協会 事務局 鵜殿

lakka 漆、クラウドベリー、鳩小屋…

弘前にて

GW前の金曜日から数日、津軽地方と会津地方に旅行してきました。この両地方はいくつか共通点があります。まずお城(linna)、それからよく馬肉(hevosen liha)を食べること、それから漆器、漆芸で有名なこと。津軽塗と会津塗ですね。

漆芸や漆器はlakkatyö(lakka「漆、ラッカー」+työ「仕事」)といえば通じると思います。lakkaは面白い単語で、辞書的には(たとえばKielitoimiston sanakirja)4つの違う意味があります。まずは①漆、ラッカー、それから②クラウドベリー(和名:ホロムイイチゴ)、他には③鳩小屋、天蓋(てんがい)、④ガンマ(γ)ブチロラクトン(=gammabutyrolaktoni、化学式C₄H₆O₂)です。私は①・②の意味は知っていましたが、③・④は今回初めて知りました。クラウドベリーは他にhillaと言ったり(suo)muurainと言ったりもします。

lakataは通常lakata+-mAstAの形で「~することを終える、~することが終わる」という意味で使えると覚えている中級以上の学習者も多いと思いますが、この動詞も「漆やニスを塗る」という別な意味があります。なので漆が塗られた食器などはlakataを受動過去分詞にしてlakattu riisikuppi「漆が塗られたおちゃわん」のように漆器をより具体的に説明することもできるかと思います。

Soul ソウル

もうGWが終わったのに、3月末の春休みの旅報告の収束を行っていませんでした。ソウルは言わずと知れた韓国(正式にはKorean tasavalta、通称Etelä-Korea)の首都。私はソウルは3度目ですが、ソウルの街自体はほとんど見たことがなかったので、今回は3泊して、全州の文(Mun)さんに勧められたポイントをいろいろと回ってきました。特に印象に残っているのが、ソウル市内ではないのですが、ソウルから車で1時間ほどで訪れることができるオドゥサン(烏頭山)統一展望台です。イムジン河(臨津江)の向こう、2㎞先には、双眼鏡を使わなくても北朝鮮(正式にはKorean demokraattinen kansantasavalta、通称Pohjois-Korea)の地と集落がはっきり見えます。

公共交通機関を使っても行けるようですが、今回はソウル在住の知人の李(Lee)さんにお世話になりました。李さんは午前中はタクシー運転手、午後は得意のドイツ語を使ってスポーツ選手のプロモーションなどを行う忙しい二重生活を送っているようです。冬はおおむね年1回ペースで札幌にスキージャンプの国際大会の飛形審判員として来てくれます。文さんに比べると無骨な感じの人という印象だったのですが、「ドイツのお客さんが来ると必ずここ(統一展望台)へ連れてくるんだよね。彼らも同じような歴史を経験しているからね。」と語ってくれたこと、格好いいタクシーを運転する彼にカメラを向けると満面の笑みでポーズをとってくれたのが忘れられません。

ソウルは英語ではSeoulと表記すると思いますが、フィンランド語は発音に忠実にSoulと表記することが多いです。外国の地名でフィンランド語ではめったに終わらない子音のl終わりですから、後ろに母音のiをつけて、Souliin「ソウルへ」, Soulissa「ソウルに/で」, Soulista「ソウルから」のように格変化させます。

ハイ、春休みの旅報告終了です。機会があればGW前半の旅報告もと思っています。

途中からでも大丈夫「対面&オンライン同時レッスン」2024年度フィンランド語講座入門コース受講生募集中

フィンランド語講座入門コース(初心者対象)

  • 開講日:2024年4月11日(木)*2025年3月まで1期10回の授業を4期実施
  • 日 時:毎週木曜日19:30〜21:00
  • 対面授業(フィンランド協会事務局)とZoomによるオンライン授業を組み合わせたハイブリッド授業
  • 講 師:水本秀明(北海道フィンランド協会専務理事・北海道大学非常勤講師)
  • 受講料:1期10回ごとに15,000円(北海道フィンランド協会会員割引制度あり
  • テキスト代(3,000円程度)購入要
  • ネイティブのゲストも随時参加予定
  • 開講後も随時受講・見学に応じます
    (開講後も授業録画でいつでも学習できるので、途中からの受講でも大丈夫)
  • 欠席しても授業録画で好きな時に学習OK、疑問点も補習授業で解決
    (全国の多くの受講生から好評をいただいております)
  • スマホ・タブレット・PC等でどこでも簡単にレッスンが受けられます

お申込み・お問合わせ:
下記事項も併せてお問合わせメールに記入願います
1)受講の動機
2)学習歴(全くの初心者、参考書で自学自習していたなど)
3)目標とするレベル
こちらから→フィンランド語講座お申込み・お問合わせ

 

直接担当講師(水本秀明)へメール(akilapinhullu@yahoo.co.jp)もできます

一緒にフィンランド発祥のスポーツを楽しみましょう!モルック練習プログラム

北海道フィンランド協会からモルックに関するお知らせです。

 

モルック練習プログラム(4・5月)を行います。
一緒にフィンランド発祥のスポーツを楽しみましょう!

申込方法:
お名前と連絡先(電話番号かメルアド)を記入のうえ、 下記にお申し込みください。
⇒イチカワ 090-8906-1750 E-mail:ich1951@icloud.com