7月 | 2021 | フィンランド語講座
*

フィンランド語講座

北海道フィンランド協会

【バーチャルツアー】週末☆オン旅ショッピング♪inヘルシンキ

フィンランド語講座金曜上級サークルでフィンランド語を学習中の平松さんから、「ノルディス」バーチャルツアーのお知らせです。

ヘルシンキの地下鉄

ご存知の方も多い『ノルディス』より、無料定期配信のお知らせです。
『ノルディス』とは、ヘルシンキのカンピ地区にある四つ星ホテル「オリジナル ソコス ホテル プレジデンディ」にあり、いつも日本語と笑顔で迎え入れてくれる日本人旅行客がホッとする、強い味方のお土産屋さんです。
この『ノルディス』が旅行会社フィンツアーとのコラボして、月に一度、バーチャルツアーの無料定期配信を行なっています。

★毎月第1金曜日の日本時間20:00から20:45はお家で楽しく北欧時間♪ 8月は6日(金曜日)です!★

定番アイテムや今流行っているものなどのおススメ雑貨や食材を…そして、毎月異なるテーマでフィンランドのプチ情報が現地から紹介されます。
教えてノルディスさん!フィンランドあれこれ企画と題した今月のテーマは『最新!ヘルシンキの乗り物情報』です。



ノルディス店内

興味はあっても、乗り物事情がよくわからないと現地に行くことをためらう要因になったりしますよね。そこで今回は、もうすぐフィンランドに行けるはず…という願いも込めて、ヘルシンキの交通機関情報を現地から教えていただきます。行ったことのない方はもちろん、行ったことのある方もバス・トラム・地下鉄・フェリーを上手に使いこなすコツを学び、いつの日か現地で実際に乗りこなすイメージトレーニングをしてみませんか?きっと次の旅計画が楽しくなるはずです。

そして今回は本編終了後に、希望される方へオマケがあります。
『ノルディスさんとぶらりヘルシンキ♪』という企画で、ノルディスの方が実際に市内をお散歩しながら夏のヘルシンキをお届けします。10分ほどの短い時間になりますが、ヘルシンキの今を感じられる良い機会になると思いますので、時間に余裕のある方はこちらもお楽しみに。


Zoomを使える環境であればどなたでも無料で参加できますが、参加可能人数が100名限定となっておりますので、ご興味のある方はお早めにご予約をお済ませください。 →→→ https://finnlivetour-nordis2.peatix.com/

Peatixからチケットを購入後、自動返信メールを受け取った時点で予約完了となりますので、ワクワクして当日までお待ちください♪

また、ツアーで紹介される商品はオンラインで購入いただけます。事前に確認して、気になったものがあればツアー中にチャット形式での質問も可能ですので、画像でわかりにくかったことも解決し、安心してお買い物できるのではないでしょうか。ご興味がある方は、事前に予習しておくのも楽しみの一つとして、おススメです。
『ノルディス』を知っておきたい方は、こちらからどうぞ。 →→→ https://friend.nordishelsinki.fi/

あらひろこさん(カンテレ)出演「真夏の北欧会」開催

フィンランド語講座受講生でフィンランドの伝統楽器「カンテレ」の演奏者・コンポーザー、あらひろこさんから「真夏の北欧会」開催のお知らせです。

真夏の北欧会

真夏の北欧会 詳細


(フィンランド大使館)
8月8日、9日に「真夏の北欧会」が開催されます。カンテレのコンサートや、フィンランド写真展、編み物ワークショップなど盛りだくさん。北欧の豊かな文化にふれる真夏の集いをお楽しみください。イベント参加は事前予約制になっておりますのでご注意ください。スケジュール等の詳細は以下のリンクからご確認ください。

http://www.mplant.com/nordic/

Nordic event will be held on 8th and 9th of August. There will be Kantele concert, knitting workshop, Finnish photo exhibition and more. Pre-booking is required to join the event. Please check the link above for more details.

『東京五輪2020 フィンランド選手団の紹介』

東京五輪2020 フィンランド選手団

東京2020オリンピック競技大会は、来る7月23日(金)から8月8日(日)までの17日間、世界の約200の国・地域から、約11,000人の選手が参加して、33競技、339種目(含む野球・ソフトボール、空手など追加5競技・18種目)で熱戦が繰り広げられます。

フィンランドからは11競技、35種目、46人(含む札幌開催の競歩・男子50㎞の3名)が参加予定です。

コロナ禍による観客制限のため、スタジアムや沿道での観戦は叶いませんが、TVで精一杯の声援を送りましょう!

 

北海道フィンランド協会常務理事  渡邊 政義

Ievan polkka/LOITUMA【フィンランド語で歌ってみた】Coverd by HIkari☆S

フィンランド語講座入門コース担当の水本先生から、素敵なお知らせが届きました。

(水本先生)
フィンランド語木曜中級コースで勉強されている森祐江(もり さちえ)さんが、イエヴァン・ポルッカ(Ievan Polkka)のフィンランド語歌唱に挑戦し、YouTubeに動画がupされています。
初音ミクが歌ったり、CMソングとしても使われているこの曲は、そのテンポの速さだけでなく、サヴォ地方の方言で歌われる難曲です。

動画アップにあたって以下の苦心談を頂いています。
「早口なのと歌詞が元々SAVO方言だったとのことで、発音が本当に苦労しました。語学講座の水本先生や留学生のJussiくんにお世話になり、最初に発音アドバイスをいただきましたが、スピードが早くなるとなかなか口がまわらず、アドバイスを活かしきれずでごめんなさい!
LOITUMAのバージョンで歌ってみましたが、初音ミクがネギを振っているものも有名とのことで、水本先生よりマッカラも振ってみては?!と提案をもらいましたが、同様の大きさのものは日本のスーパーでは手に入らず、マッカラを木の粘土で作り、コーヒーで着色して乾かして絵の具を塗りました。しかしなかなか乾かず、耐久性が足りなかったので振るものはフェルトで制作しました。BBQのときには先がY字の木の枝に刺して焼くこともあるとお聞きし、先生からいただいた写真に似た枝を小雨降る中探しに行き、彫刻刀で先を削ったり工夫しました(笑)。
何度も何度も撮り直し、最後にはネギは折れ、マッカラも折れ、フェルトも取れましたが(そちらはNG版にて)なんとか録音できました(泣)。
歌詞も完璧ではありませんが、またいつかチャレンジしてみたいです。」

 

皆さん、どうぞご視聴の上、森さんのチャレンジに拍手を!

語学講座担当 水本 秀明

rakugo, japanilainen kerronnallinen komiikka 落語

先週土曜日、数年ぶりに落語を聞きに行きました。会場へ行く途中で、同じ建物の、1階違いの場所へ向かっているカンテレの先生でもある佐藤美津子さん(フィンランド協会常務理事)とバッタリ出会ってしばし立ち話と、嬉しい驚きもありました。

古典落語の名手の柳家さん喬師匠の独演会。数年前に行ったのもさん喬師匠が出演していた落語会でした。演目は「千両ミカン」、「寝床」、そして大ネタの「唐茄子屋政談」。「最近は食べ物に『旬』がなくなりましたね」と「千両ミカン」のマクラで語られたように、食べ物が噺の中にたくさん出てきました。

言葉に関わる者として、ことばと仕草(さん喬師匠は日本舞踊の名取でもあるそうで優美な動きでした)で人の心を掴む落語は、久しぶりに自分の生業を考える良い機会ともなりました。

落語はフィンランド語版ウィキペディアによればjapanilainen kerronnallinen komiikka(日本の、物語風の、コメディー)と訳されています。演目にもある「ミカン」ですが、私たちが使っているテキストsuomea suomeksi 1には「オレンジ」appelsiiniが出てきますが、もう少し皮が薄くて酸味が弱い「マンダリンオレンジ」はmandariini、「温州みかん」(これが演目のなかの「紀州ミカン」に一番近いかも)はsatsuma(ご想像のように「薩摩」)が使われる場合もあります。

唐茄子はナスビ(munakoiso)のことではなく、カボチャ(kurpitsa)の異名と初めて知りました。それゆえに、唐茄子を左右に十個ずつ入れて天秤を担いでいる若旦那がふらついている様子が、やっと想像できました。

フィンランド語を勉強中の方にもオススメの動画 

フィンランドの、カウスティネン・フォークミュージック・フェスティバルの動画参加プログラム「VirtuaaliKaustinen2021 Kaustinen Folk Music Festival 2021」に札幌カンテレクラブ(北海道フィンランド協会)の「サルミアッキ」とあらひろこさんのデュオ RAUMA(ラウマ)が参加します。

サルミアッキの皆さん(札幌カンテレクラブ)の動画

(あらひろこさん)
やぎやさんの素晴らしいロケーションにサルミアッキの楽しさがはじけています。なんとヴァイナモイネンによる素晴らしい撮影と編集、ちえさんのフィンランド語での解説、山羊や雄鶏の参加、と、見どころ満載の動画に仕上がりました。楽しいエンドロールも、ぜひ。


フィンランド語講座旧受講生、こうのちえさんのフィンランド語解説は、フィンランド語を勉強中の方にもオススメです。

ラウマの動画

(あらひろこさん)
RAUMAは、「玄米ご飯カフェじょじょ」さんで撮影させていただきました。Raunon valssi「ラウノのワルツ」を即興を交えて演奏しています。この曲は、ヴァイオリニストのミンニから教わったのですが、ミンニはお姉さんのクリスティーナから教わって、クリスティーナはラウノから教わったので、ラウノのワルツ、という呼び名がついています。のちにラウノさんにきいたところ、もとはスウェーデンのポルスカなのだそうです。


詳しくはこちら→ カウスティネン・フォークミュージック・フェスティバルのサイト

kettu, repo キツネ

札幌市白石区に借りている市民農園の区画にキツネが登場。もっとも、もっと市内中心部に近いところでヒグマも出没した札幌ですから、何も驚くことはありませんが。

キツネがフィンランド語でkettu(単数属格:ketun、単数分格:kettua、複数分格:kettuja)というのは覚えておられる方も多いと思います。いつもお世話になっているKaisa Häkkinen教授の語源辞典によると、kettuは「薄い皮」、「表層」などを表すkesiの派生語だそうです。狩猟の対象としてのキツネを考えれば頷ける説明です。

kettuよりもっと古いキツネを表す語はrepo(単数属格:revon、単数分格repoa、複数分格repoja)で、revontulet「オーロラ」はrevon「キツネの」+tulet「火(tuliの複数形)」です。がんばって巻き舌で発音しないと、lepoは「休息」になってしまうので注意です。

童話などではキツネさんは、Kettu Repolainenの名前で登場することも多いようです。

【北欧関連の魅力的な小イベント in 古本屋】

BOOK LAB.外観

フィンランド語講座入門コース担当の水本先生から、ゲスト講師ミア・ティッロネン(Mia Tillonen)さんが担当するイベントのお知らせです。

(水本先生)
北大大学院博士課程のミア・ティッロネン(Mia Tillonen)から下記のようなイベントのお知らせとPR依頼がありました。
コロナ禍の中ではありますが、札幌圏の皆さん、奮ってお出かけください。
日本語完璧で脱帽です。



本が見やすい店内

(ミア・ティッロネンさん)
☆私が働いている古本屋さんで、「ひつじ文庫」という企画があります。
毎月テーマを決めて、そのテーマに沿った本を取り上げています。
今月のテーマは『北欧の暮らしを知りたい!』ということで、私が色々な北欧に関する本を選書しています。
7月15日から8月15日までの開催ですが、期間中にちょっとした写真の展示もする予定です。
お店の情報は、以下の通りです。


| 古本屋 BOOKLAB. |

open 10:00〜19:00 Tel:011-374-1034
address:札幌市北区北18条西4丁目2-20(地下鉄北18条駅より徒歩2分)
Website:https://www.book-lab.net/
Instagram: @booklab.sapporo

どうぞよろしくお願いいたします。

ミア・ティッロネン

クラップクラップカーニバル Vol.12

フィンランド語講座入門コース担当の水本先生から、日本シベリウス協会会員コンサートのお知らせです。

星空のコンサート2021年7月28日(水)

アーカイブ配信



星空のコンサート2021年8月17日(火)


クラップクラップカーニバル Vol.12 星空のコンサート

詳細は下記から
https://eplus.jp/sf/detail/3419660001

  • 日時:2021年8月17日(火)
    第1回公演 14:00開場、14:30 開演 第2回公演 17:00開場、17:30開演 (未就学児入場不可)
  • 会場:北沢タウンホール(東京都世田谷区北沢2丁目8−18

詳細は下記から
https://www.setagaya.co.jp/kuminkaikan/kitazawatownhall/event01/2933

あらひろこ カンテレソロライブ

フィンランド語講座受講生でフィンランドの伝統楽器「カンテレ」の演奏者・コンポーザー、あらひろこさんがカンテレソロライブを行います。

 

あらひろこ カンテレソロライブ