*

フィンランド語講座

北海道フィンランド協会

presidentinvaali(t) 大統領選挙

決選投票前日、Arabiaのデザイン美術館前の公園

2月は私にとっては稀有なヘルシンキ出張(現地滞在実質4日間)、その後のW杯男子ジャンプ(札幌大倉山競技場)の手伝いなどイベントが続き、それらのために休講にした授業の振り替えなどでまだあたふたしています。

ヘルシンキ滞在中の10日に大統領選の決選投票がありました。投票率は約70%(直接投票)、新大統領となるAlexander Stubb氏の得票率が51.6%、対抗馬のPekka Haavisto氏の得票率が48.4%と大接戦でした。決選投票前にはHaavisto氏がかなりの追い上げを見せており、決選投票があと1週間遅かったらHaavisto氏が新大統領になっていたかもしれません。

投票日の日曜日はヘルシンキもマイナス15度近い冷え込み、内陸部はもっと冷え込んだ地域もあったようで、これが投票率に影響を与えた可能性もありそうです。

私が感心したのは、日曜日の午後10時頃にはすでに開票率100%になっていたこと、そして日本ではありえない、無効票の内容の一部がすぐに翌日の紙面に写真入りで紹介されていたことです。決選投票には進めなかった候補者名の他、「ドナルト・トランプ」、「ドナルドダック」、投票用紙に自分の意見や詩を書いている有権者もいました。1回目の投票に比べると無効票の割合は増えたそうです。

現地で知人がStubb氏の顔写真を拡大してビアスの穴の跡を示しながら「フィンランドでは男性のピアスも別に問題ないけど、大統領候補ということで、一応外して写真撮影したかな」とコメントしていました。

Hyvää alkanutta vuotta 2024! 明けましておめでとうございます。

元旦早朝の「シベリウス号」、サンクトペテルブルク行き

語学講座の皆さん、それから一体何名の方がこのブログ欄をご覧になっているか全く見当がつきませんが、明けましておめでとうございます。

今年は辰年、「龍・竜」はlohikäärme(lohi「鮭」+käärme「蛇」でしたね)。

お正月を外国で過ごしたことが、留学時代を含めて数回ありますが、直近は2008年にまで遡ることを、写真を整理していて気づきました。

この時は大晦日をヘルシンキのミュージシャン宅でお世話になり、元旦の朝、ヘルシンキ中央駅からサンクトペテルブルクへ向かっていました。

今の世界情勢を考えると、ロシア訪問はハードルが高すぎますが、その状況ができるだけ早いうちに改善されることを祈っています。

同日午後サンクトペテルブルク・フィンランド駅到着

grönlantilainen olut グリーンランドのビール

Joulu on ovella.クリスマスも間近です(文字通りは「クリスマスはドア(ovi)のところにある」)。

北大の森太郎先生のグリーンランドのお土産にビールをもらいました。先日飲んでみたのですが、とてもおいしかったです。

グリーンランドはフィンランド語でGrönlanti(Englanti(イギリス), Irlanti(アイルランド), Islanti(アイスランド)同様nt:nnのkptが関係します)、öは[ö:]のように長く伸ばして発音するのが普通です。「グリーンランドの」、「グリーンランド人」はgrönlantilainenですから、「私はグリーンランドのビールを飲みました。」は、(Minä) join grönlantilaista olutta.(目的語は単数分格)ですね。

ほのかにハーブの香りがするビールを飲みながら、数十年前アイスランドを訪れた時に、そこからさらにグリーンランドへ航空便が出ていることを知り、ぜひ行ってみたかったのですが、航空運賃の高さのため断念したことを思い出しました。

デンマーク語ですね

nukke 人形

11月13日の月曜初級コースで紹介。-e終わりの語は単数の格変化(分格を除く)は-ee+格語尾ですが、この語はそうなりません。ただしkk:kのkpt変化あり。したがって、単数属格はnuken単数分格は(5) nukkea、比較的よく使う複数分格はnukkeja

このように-e終わりでnukkeと同様の変化をする語として、数詞のkolme(単数属格kolmen)、「自身」のitse(同itsen)、AnneやJanneのようなファーストネーム(同Annen, Jannen)などがあります。

写真の「指人形」はsorminukke(「指」+「人形」)。友人が住むRuovesiのバスターミナル内のフリーマーケットで見つけました。町内在住のご婦人の手作りで、たしか一つ2ユーロだったかと思います。白樺で作った台も一緒に売っておりちょっと惹かれたのですが、こちらは荷物になると思い購入しませんでした。指人形は現在100円ショップで買った木の台に飾られています。

töhötin ガスバーナー

10月下旬某居酒屋にて:
「ねえ、töhötinってスラング知ってる?」古い友人で来道中のカンレテ奏者Eva。
「全然聞いたことない単語だけど。」と私。
「普通の言葉だとkaasupoltinかな。」Eva。
「ああ、『ガスバーナー』のことね。」私。
「最近結構使われている言葉かな。」Eva。

なぜ「ガスバーナー」が突然話題になったか正確には覚えていませんが、越後栃尾の油揚げや軽く表面を炙った魚を前に、Evaがバーナーを連想したのかもしれません。

フィンランド語も次から次へと新しい言葉が生まれてきますから、それらに追いついていくのは大変です。一方、すぐに使われなくなるスラングも多いことと察します。

-inで終わるフィンランド語は山ほどありますが、名詞の辞書形が-in終わりの場合は「道具」を表すことがほとんどだと知っていると便利です。「電話」、「鍵」などの辞書形を思い出してみてください。

kaivo 井戸

Mikkeli, 14/8/2017

10月16日の月曜初級コースで紹介。テキストss1・ss2には登場しない語です。この語は動詞kaivaa「穴を掘る、掘り返す(タイプⅠ)」を基とする名詞。単数属格kaivon単数分格kaivoaと変化は簡単、複数分格kaivojaです。

写真は私の先生のSeijaさんのMikkeliの実家にある井戸で、飲用もできたと記憶していますが、夏の朝の起床後、冷たい井戸水で顔を洗うと本当に爽快な気分になったことを覚えています。

併せて覚えたい語にkaivos「鉱山」があり、単数属格kaivoksen単数分格kaivosta複数分格kaivoksiaと少し難しい変化になります。ちなみに「炭鉱」は、hiili「炭」を前につけてhiilikaivosです。

Edo (Eetu-Antti)

Joona君に続き、新たなフィンランド人がこの秋来札しました。Eetu-Antti Hartikainen君、愛称Edoです。

今年の2月、友人と来札中の彼と会い、一緒にサウナに行ったのですが、その際、サウナをテーマにヘルシンキ大学の修士論文を書いており、卒業後は北海道大学で研究を続けたいと聞いていました。その夢がほぼ叶いかかっており、現在は北大国際広報メディア・観光学院の研究生で、順調にいけば来年度から博士課程の学生となります。

先日忙しい中、北大の授業に顔を出してくれました。ヘルシンキ大学では日本語・日本文化が専攻だったので、日本語は大変上手です。フィンランド協会のフィンランド語の授業やイベントにも顔を出してくれることを期待しています。11月23日の協会の独立記念日祝賀会には、Joona君もEdo君も参加予定です。

maapähkinä 落花生/ピーナッツ

先日伊達市大滝区で借りている畑のゴボウ掘りに合わせて、4本植えてあった落花生を収穫しました。今年は猛暑の影響で、北海道ではサツマイモ(bataatti)や落花生の生育が良かったと聞きました。

昨年は低温の影響か、あるいが苗を畑に移植した時期が遅かったのか、まったく実らなかったので、わずかな収穫とはいえ嬉しかったです。今年は苗からではなくまさに4粒のピーナッツから育ててみたので、成長具合を楽しむこともできました。さっそく2株分くらい泥を落とし、生で茹でてみました。とても甘かったです。残りの一部はいま自宅の軒下で乾燥中です。

落花生はmaapähkinä、maaは「地面、土地」、pähkinäは「ナッツ」の複合語です。複数分格複数属格が難しく、それぞれmaapähkinöitä, maapähkinöiden/pähkinöitten(pähkinäinという形も存在する)となります。

それにしても私が子供の頃には、北海道ではサツマイモや落花生はほとんど栽培されていなかったと思うのですが、これも「温暖化」の影響でしょうか。

Eva käy tunnilla エヴァさんがクラス訪問

私の古い友人で、カンテレ奏者のEva Alkulaさんが忙しい札幌滞在の合間を縫って水曜入門コースへ来訪してくれました。

Evaが北海道教育大学に留学時に知り合って、もう25年くらい経ちますか。Aika lentää (siivillä).「光陰矢の如し」(フィンランド語では「時間は(両羽で)飛ぶ」)です。コロナ前はほぼ毎年のように日本に来て各地で演奏会・指導を行っていましたが、コロナ禍のため、4年ぶりの来札となりました。

「フィンランド語って難しいわよね。私国語(フィンランド語)の成績が一番良くなかったのよね。」と言いながら、授業のアシスタントを務めてくれ、授業後授業録画がYouTubeで視聴できるようになるまで、出席した対面参加者とおしゃべりを楽しんでいました。入門クラスの生徒さんはまだフィンランド語ですらすら会話できるレベルには残念ながらなっていませんが、Evaの上手な日本語に感心しながら、フィンランド語を勉強し始めた動機などについて説明していました。対面のゲストが来てくれる授業は楽しいです!

uusi vaihto-opiskelija 新留学生!

昨日の入門コースに、ヘルシンキ大学から北海道大学へHustepプログラムで留学しているJoona Jokilampi君が対面参加してくれました。Joona君、Kiitos!

私もまだ彼と数日前に連絡が取れたばかりで、お会いしたのも昨日が最初でしたが、ハメ地方のKangasala出身、専攻はフィンランド文学で、日本語と日本文化は副専攻。現在日本語の勉強中ですが、過去のHustepプログラム留学生の例を考えると、これから飛躍的に日本語は上達していくはずです。来年の8月までの留学を予定しています。

子どものころにお兄さんが作った密造アルコールを飲んでひどい目にあったのでお酒は飲まないそうです。また、肉は食べないが、魚は大好きだそうです。

母語のフィンランド語を外国人に教えるという活動にとても興味があると言っていましたので、私の方でも、今後時間があるときにまたクラスを訪問してくださいとお願いしました。

彼の名字のjokiは「川」、lampiは「池」ですので、「川池」君ですね。川池君、今後ともよろしく。