フィンランド語講座
*

注目記事

2019年度フィンランド語入門コースを正式に開講します!

2019年度入門コース担当の水本秀明です。受講生募集に関して影響力がある新聞各紙の受講生募集記事はまだ掲載されていないのですが、主にこの語学講座HP経由で受講者が最低催行人数の8名を超えましたので、例年よりかなり早いこの時期に正式開講の運びとなりました

引き続き4月11日(木)の開講日まで新規受講生の募集を続けます。今年は日フィン修好100周年の記念すべき年ということで、入門コースの第一期・第二期の授業料が各10000円(会員特別料金)になっています(会員料金は通常13000円、非会員のステイタスで受講の場合は15000円)個人的には映画「かもめ食堂」がヒットした翌年の2007年度のように25名を超えるような新規受講者を目指しています。

授業担当者としては8~12名位が授業を行いやすいクラスサイズなのですが、それを大きく超える場合は、できるだけたくさんのフィンランド人ゲストを呼んで対応したいと思っています。

会場は中央区北2西7の「かでる2・7」を第一期の授業会場として確保しました(使用する部屋はその都度変わりますので、下記「受付セット」中の授業スケジュール、あるいは当日会場でご確認ください)。授業時間は19時~20時半(初回授業のみ受付業務等のため19:10~20:40)です。

入門コースに申し込まれた皆さんには、受講までにモチベーションを高めてもらい、また、当フィンランド協会の活動内容をよく知っていただいた上でぜひ会員になって(任意)いただきたいとの考えから、フィンランド(語)に関するさまざまな資料が同封された「受付セット」を郵便局のレターパックで送付しています。この「受付セット」は仮に受講取りやめとなった場合でも、送料を含め何ら諸費用は掛かりませんので、どうぞ私までご住所をお知らせの上、受講の申し込みを行ってください。

授業後も熱心な受講生の皆さんはゲストと交流
(金曜初級コース:ゲストは札大留学生のPetra)

正式開講後の受講申し込み・問い合わせは、講師の私に直接メールで連絡していただいた方が迅速に対応できるかと思います。アドレスは: akilapinhullu@yahoo.co.jp (水本秀明)です。
なお私事ながら3月19日(火)〜27日(水)の間札幌を離れていますので、この語学講座HPの「お問い合わせフォーム」をお使いいただければありがたいです。

4月11日の開講時に多くの皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

 

授業担当:水本秀明

注目記事

2019年度フィンランド語講座入門コース受講生募集中

フィンランド語講座入門コース(初心者対象)

  • 開講日:4月11日(木)
  • 日 時:毎週木曜日19:00〜20:30
  • 会 場:かでる2・7
    札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル
  • 講 師:水本秀明(北海道フィンランド協会常務理事・北海道大学非常勤講師)
  • 受講料:1期10回ごとに15,000円(北海道フィンランド協会会員割引制度あり)
  • テキスト代(3,000円程度)購入要
  • 2020年3月まで1期10回の授業を4期実施予定
  • 受講者数によっては会場変更の可能性があります
  • ネイティブのゲストも随時参加予定
  • 開講後も随時受講・見学を受け付けます

注目!2019年は日本・フィンランド修交100周年を記念し、第1・2期の入門コース受講料を10,000円とします(北海道フィンランド協会会員特別料金)

2017年入門コースの様子

お申込み・お問合わせはこちら
フィンランド語講座お申込み・お問合わせ

直接担当講師(水本秀明)へメール(akilapinhullu@yahoo.co.jp)もできます

2019年度フィンランド語講座入門コースが始まりました

2019年入門コースの様子

2019年4月11日(木)フィンランド語講座入門コースが「かでる2・7(札幌市中央区)」で始まりました。

会場に行ってみてびっくり。中学生からシニアまで40人近くの方が教室に。フィンランド語(フィンランド)の人気の高さがうかがえます。

初回の授業は、まず担当の水本先生から自己紹介と授業の進め方について、説明がありました。
そしてゲスト講師(フィンランド人留学生たち)の自己紹介の後、早速フィンランド語のアルファベットと発音を、ゲスト講師の発音を聞きながら練習しました。
今回から「今日のフレーズ」という、水本先生イチオシの「すぐに使えるフィンランド語」も授業内容に加えられ、ますます充実した内容になっています。

テキストを使うのは次回から。これから申し込んでもまだ間に合います。
7月ぐらいまでは途中からの受講もできるので、学校や仕事が落ち着いて来た頃からでも始められます。

今年はフィンランドとの外交関係樹立100周年記念の年。
フィンランド語講座入門コースも第1期・2期のみ特別価格で受講できます。
この機会にフィンランド語を始めてみませんか。

詳しくはこちら→ フィンランド語講座入門コース受講生募集

お急ぎの方は、直接担当講師(水本秀明)へメール(akilapinhullu@yahoo.co.jp)願います。

フィンランドの男声合唱団ESMILA(エスミラ)札幌公演開催

Esmila札幌公演

日本・フィンランド修交100周年を記念し、フィンランドの男声合唱団ESMILA(エスミラ)の札幌公演が開催されます。

ESMILAは1979年にエスポー市で創立され、今年創立40周年を迎えます。

各国際合唱コンクールで上位入賞、海外公演も多数行われています。

チケットは北海道フィンランド協会の他、道新プレイガイドでも発売中。

なお、開演前にはロビーでカンテレ(フィンランドの民族楽器)と声楽アンサンブルによる演奏も行われます。
出演はフィンランド語講座旧受講生のカンテレ奏者・講師 佐藤美津子さん率いるカンテレあんさんぶる”みゅう”とESMILA選抜メンバー。
フィンランドの伝統楽器の神秘的な澄んだ音色をお楽しみ下さい。


日本・フィンランド修交100周年記念 男声合唱団「ESMILA」札幌公演

フィンランドのロックシーンをリードし続けるアーティスト
Kalle Ahola初来日公演のお知らせ

Kalle Ahola Live Tour

フィンランドのロックシーンをリードし続けるアーティスト
Kalle Ahola(カッレ・アホラ)さんの初来日公演が決まりました。

札幌公演開催日は水曜日なので語学サークルの日ですが、水本先生の計らいで休講になりましたので、フィンランド語講座受講生もコンサートに行けます。

フィンランドから来ている留学生たちも既に予約済みだそうです。

ただいま参加申し込み受付中です。
入場無料ですが、事前登録が必要です。
お早めにお申し込みください。


Kalle Ahola初来日Live Tour

詳しくはこちら→ Kalle Ahola来日公演サイト

ムーミン展 THE ART AND THE STORY

フィンランド語講座入門コース担当の水本先生から、ムーミン展のお知らせが届きました。

ムーミン展 THE ART AND THE STORY

愛らしい姿とユーモアあふれる言葉で世界中のファンを魅了するムーミンとそのなかまたち。
フィンランドを代表する芸術家、トーべ・ヤンソン(1914年~2001年)が生みだした「ムーミン」シリーズは、小説、絵本、新聞連載コミック、アニメ、商品などさまざまなかたちで親しまれています。

フィンランド・タンペレ市にある「ムーミン美術館」は2017年にリニューアルオープン、約2000点もの作品を所蔵しています。
本展では、同美術館からムーミン小説の原画やスケッチのほか、トーベがムーミン小説を手がける前に描いていたスウェーデン語系の政治風刺雑誌「GARM」の挿絵など、約500点が展示されます。

ムーミン公式ファンクラブ会員限定チケットなど、会場でも買えないオリジナルグッズとのセット券が発売中。数量限定なのでお早めに。


ムーミン展 THE ART AND THE STORY

ルート・ブリュック 蝶の軌跡

フィンランド語講座入門コース開講に備え、地方で英気を養ってきた水本先生から展覧会のお知らせが届きました。

ルート・ブリュック 蝶の軌跡

フィンランドを代表するセラミック・アーティスト、ルート・ブリュック(Rut Bryk)。
名窯アラビアの専属アーティストとして約50年にわたって活躍し、初期の愛らしい陶板から膨大なピースを組み合わせた晩年の迫力あるモザイク壁画まで、幅広い作品を手がけました。
重厚でエレガントな釉薬の輝きと、独自の自然観にもとづく繊細な図や形態は、今も多くの人びとを魅了しています。

本展は、約200点のセラミックやテキスタイルなどを通じて、その多彩な仕事を日本で初めて網羅する展覧会です。

ブリュックの世界をより深く体感的に味わえる映像展示やブリュックの長女で現代アーティスト、マーリア・ヴィルカラさんによるインスタレーション「心のモザイク――ルート・ブリュック、旅のかけら」も特別展示されます。


ルート・ブリュック 蝶の軌跡