フィンランド語講座
*

注目記事

火曜中級コースの皆さんがテキストsuomea suomeksi 1を修了されました

修了証のプレゼンターも兼ねてゲストに呼んだEemeli君と

火曜中級コースの8名が入門~中級用テキストsuomea suomeksi 1(「フィンランド語をフィンランド語で1」)の21課以降の内容を修了されました(1名はフィンランド旅行中のため欠席)。今春のHyvin menee 1の修了に続いておめでとうございます。Onneksi olkoon!

テキスト後半の内容は、現在・過去完了、序数、複数のさまざまな格変化など難しく感じられたかもしれません。前テキストでは扱っていない内容ですから、今は理解しきれなくても仕方ないと思います。受講生の皆さんには基礎語彙の拡充に努め、少々の文法的な間違いを気にせずにフィンランド語を声に出してみることを、特にゲスト来訪の際はお勧めします。

 

多くのフィンランド人が帰省・所用で札幌には不在の中、旧オウル大学留学生で、今では私の古い友人ともなったEemeli君にゲストとして来訪してもらい、ともに修了を祝いました。

さあ、10月からは新テキストsuomea suomeksi 2の勉強がスタートです。このテキストの履修が終わればフィンランド語のほとんどの文法事項の説明も終わることになります。修了までに1年半程度、先の話ですが2020年の春の修了を目指して授業計画を立てています。

修了式後の茶話会

注目記事

火曜中級コースの皆さんがテキストHyvin menee 1を修了されました

火曜中級コースで勉強されている9名の方が、入門~初級用テキストHyvin menee 1(「調子いいよ1」)を4月24日修了されました(2名の方が所用のため欠席)。Onneksi olkoon!

多くの方が、入門・初級クラスでの2年間の勉強と、今年度に入ってからの3回の中級コースでの授業(計83回)で一つのテキストを修了させたことになります。このテキストはフィンランド在住の外国人向けのテキストなので、指導する側としてもなかなか使いにくいテキストでしたが、昨年度の卒業生(現在上級コースで学ばれている皆さん)に続いて修了者を出すことができ、大変うれしく思っています。

多くのフィンランド人ゲストに祝福してもらいました

多くのフィンランド人ゲストに祝福してもらいました

茶話会の様子

茶話会の様子

GW後は新テキストsuomea suomeksi 1の21課から再スタートです。こちらのテキストは途中からということもあり、2018年中の修了を目指します。

授業には6名のフィンランド人ゲストが駆けつけ、修了者を祝福するとともに、修了証授与後の茶話会で受講者と交流を深めました。

今回はモルッキュを個人戦で

グランド横でモルッキュ

2018年9月15日(土)札幌市内の円山公園坂下グランドでモルッキュを行いました。

ペサパッロ&モルッキュ体験会を行う予定でしたが、今回はフィンランド人の参加は無し。人数が少ないのでモルッキュを個人戦で行うことになりました。

フィンランド語講座の水本先生によると、「9月はフィンランドから来る留学生たちの入れ替え時期にあたる」ため、参加できる人がいなかったようです。

少し寂しい体験会となりましたが、フィンランド語講座初級コースと上級コースから水本先生の生徒さんたちが参加してくれました。

今回初めて参加してくれた生徒さんは、始めちょっと不安そうでしたがすぐに慣れて、ゲーム中も大活躍。モルッキュは誰でもできるゲームなので、人数が多い時はチーム対抗戦でかなり盛り上がります。

今後もペサパッロとモルッキュの体験会を行う予定です。今回参加できなかった方も是非どうぞ。



初めて参加でも豪快に

さすがプレーも上級?

生徒の前でも余裕の水本先生

カンテレ奏者 あらひろこさん出演

太古の森の物語フライヤー1

太古の森の物語フライヤー2


カンテレ奏者のあらひろこさん、忙しくてフィンランド語講座に通い続けられない状態に。
10月のコンサートは10件もあるそうです。今回は札幌琴似で行われるコンサート情報のお知らせです。

あらひろこさんからコンサートについてのお話
「エストニアからの素晴らしいミュージシャン2人を迎えてのコンサート。
シンガーソングライターで、カンテレの姉妹楽器カンネルを手に弾き語る、Mari Kalkun マリ・カルクン
アコーディオン奏者で、エストニアをルーツに、フィンランドやスウェーデンのフォークミュージックも学んでいる Tuulikki Bartosik トゥーリキ・バートシク
エストニアの深い森を思わせる、素敵なコンサートになることでしょう。私も、フィンランドの森、あるいは北海道の森の音をお届けできればと思います。」

 

太古の森の物語

フィンランドの伝統的なスポーツを一緒に楽しみませんか。

ペサパッロ&モルッキュ体験プログラム

北海道フィンランド協会からのお知らせです。

昨年、お休みしていたペサパッロ(フィンランド式野球)とモルッキュ(ボーリングに似た棒倒し)の活動を再開しました。今年の第2回目が9月に行われます。

前回はフィンランド人留学生の他、フィンランド語講座入門・上級コースの受講生達も参加しました。

初めてでもすぐに慣れるので、十分に楽しめます。

一般の方も参加できますので、フィンランドに興味のある方や円山公園の散策ついでに体験してみたい方にもオススメです。

前回の様子はこちら→水本先生のブログ記事


ペサパッロ&モルッキュ体験会

初めて参加・久しぶりに参加される方にはルール等の説明をプリントしたものを会場でお渡ししますので、下記担当へ電話またはショートメールで連絡願います。

参加のお問い合わせやご質問は北海道フィンランド協会理事/市川まで
携帯電話:080-2272-5533

「フィンランドの子どもの育ちと教育、暮らし」講演会

180724フィンランドの子どもの育ちと教育、暮らし

北海道フィンランド協会の主催・後援行事ではありませんが、チラシにあるようなイベントが今月24日に開催されます。私はテーマそのものにそれほど関心はないのですが、講師が日本フィンランド協会編の「日本語フィンランド語辞典」の編纂者の一人ということで、どういう方か、ちょっと興味があるので参加の申し込みしました。申し込みは20日(金)までです。

カルチャーナイト2018でカンテレの演奏が聴けます

あらひろこさんとサルミアッキの方々

あらひろこさんとサルミアッキ(札幌カンテレクラブ)の方々

多忙につきフィンランド語講座をお休み中のあらひろこさんの演奏グループ、札幌カンテレクラブ(北海道フィンランド協会)がカルチャーナイト2018でカンテレの演奏を行います。

水曜サークル生のこうの ちえさんも歌で参加します。


詳しくはこちら→札幌エルプラザ 情報センター