フィンランド語講座
*

注目記事

火曜中級コースの皆さんがテキストsuomea suomeksi 1を修了されました

修了証のプレゼンターも兼ねてゲストに呼んだEemeli君と

火曜中級コースの8名が入門~中級用テキストsuomea suomeksi 1(「フィンランド語をフィンランド語で1」)の21課以降の内容を修了されました(1名はフィンランド旅行中のため欠席)。今春のHyvin menee 1の修了に続いておめでとうございます。Onneksi olkoon!

テキスト後半の内容は、現在・過去完了、序数、複数のさまざまな格変化など難しく感じられたかもしれません。前テキストでは扱っていない内容ですから、今は理解しきれなくても仕方ないと思います。受講生の皆さんには基礎語彙の拡充に努め、少々の文法的な間違いを気にせずにフィンランド語を声に出してみることを、特にゲスト来訪の際はお勧めします。

 

多くのフィンランド人が帰省・所用で札幌には不在の中、旧オウル大学留学生で、今では私の古い友人ともなったEemeli君にゲストとして来訪してもらい、ともに修了を祝いました。

さあ、10月からは新テキストsuomea suomeksi 2の勉強がスタートです。このテキストの履修が終わればフィンランド語のほとんどの文法事項の説明も終わることになります。修了までに1年半程度、先の話ですが2020年の春の修了を目指して授業計画を立てています。

修了式後の茶話会

注目記事

火曜中級コースの皆さんがテキストHyvin menee 1を修了されました

火曜中級コースで勉強されている9名の方が、入門~初級用テキストHyvin menee 1(「調子いいよ1」)を4月24日修了されました(2名の方が所用のため欠席)。Onneksi olkoon!

多くの方が、入門・初級クラスでの2年間の勉強と、今年度に入ってからの3回の中級コースでの授業(計83回)で一つのテキストを修了させたことになります。このテキストはフィンランド在住の外国人向けのテキストなので、指導する側としてもなかなか使いにくいテキストでしたが、昨年度の卒業生(現在上級コースで学ばれている皆さん)に続いて修了者を出すことができ、大変うれしく思っています。

多くのフィンランド人ゲストに祝福してもらいました

多くのフィンランド人ゲストに祝福してもらいました

茶話会の様子

茶話会の様子

GW後は新テキストsuomea suomeksi 1の21課から再スタートです。こちらのテキストは途中からということもあり、2018年中の修了を目指します。

授業には6名のフィンランド人ゲストが駆けつけ、修了者を祝福するとともに、修了証授与後の茶話会で受講者と交流を深めました。

札幌軟石の石蔵に響く フィンランド語の歌とカンテレのハーモニー

サルミアッキのみなさん(写真提供:こうの ちえさん)

札幌カンテレクラブ(北海道フィンランド協会)の「サルミアッキ」は、フィンランドの伝統楽器「カンテレ」と歌でフィンランドを表現するグループ。
フィンランド語講座受講中の生徒さんも参加しています。

今年で2回目を迎える【みんなの石蔵芸術祭「蔵美」KURABI-2018】の会場で「サルミアッキ」が演奏します。

「連休前の金曜の夜のひと時、札幌軟石の石蔵に響く フィンランド語の歌とカンテレのハーモニー、どうぞ聴きにいらしてください」(こうの ちえさん)


みんなの石蔵芸術祭「蔵美」KURABI-2018(コンサート:フィンランド音楽)

詳しくはこうの ちえさんのブログをご覧ください。→こうの ちえさんのブログ

今年も「ロヴァニエミ スペシャル ショップ」が大丸札幌店に出店中!

ウッラ・ピルコラ(Ulla Pirkola)さん

2018年12月5日(水)から始まった大丸札幌店の「北欧フェア」にフィンランド・ロヴァニエミ市のショップが出店しています。

ショップの担当は、フィンランド語講座旧受講生にはおなじみのウッラ・ピルコラ(Ulla Pirkola)さんです。

北海道大学に留学中の頃とは雰囲気が違っていたので、声をかけられるまでウッラさんとは気づきませんでした。
今は実業家としてフィンランドで活躍中だそうです。



トナカイの毛皮

ウッラさんに今年初登場の注目商品を聞きました。

1つ目は椅子の座面にピッタリサイズのトナカイの毛皮です。

使用する毛皮の部位によって色合いが異なります。

ウッラさんもダイニングチェアに敷いて使っているそうです。

とてもあたたかそうですね。



白樺の木で作ったトレー

2つ目は白樺の木で作ったトレーです。

ロヴァニエミの作家の素敵なデザインが白樺の木に描かれています。

表面に特殊な加工がされているので、濡れたものを置いてもしみることがありません。



トナカイの革製巾着袋

3つ目はトナカイの革製巾着袋です。

元々はコーヒーを入れるために作られたものだそうです。

サイズもいろいろあるので用途に応じて使い分けられます。


ロヴァニエミのグッズとして販売されている商品の中には、他国で作られたものが売られていることがあるそうです。
大丸札幌店で扱っている商品は、すべてロヴァニエミ直送なので本物です。

商品の説明はウッラさんや北海道大学のフィンランド人留学生が担当。日本語でわかりやすく説明してもらえます。

今年は白い恋人パークでは、ロヴァニエミグッズの取り扱いはありません。
大丸札幌店のみ、期間・数量限定の取り扱いとなりますのでお早めのご来店をおすすめします。

なお「大丸の北欧フェア」期間中、ワークショップが行われます。こちらの担当もウッラさんです。
定員に達したワークショップもありますが、平日開催のワークショップはまだ若干名空きがあるそうです。
今年のクリスマスはフィンランドの手作りクリスマスグッズを飾ってみませんか。

 

大丸の北欧フェア(ロヴァニエミ スペシャル ショップ)

  • 期間:2018年12月5日(水)〜12月12日(水)
  • 会場:大丸札幌店7階「ライフスタイル雑貨売場」(札幌市中央区北5条西4丁目7番地)
  • ウッラさん担当のワークショップ:
    12月7日(金)11:00〜「松ぼっくりのトントゥ人形作り」
    12月7日(金)18:00〜「フィンランド語講座」
    12月8日(土)13:00〜「クリスマス窓飾り作り」

 

大丸札幌店 北欧フェア は12月12日(水)まで
7階催事場 (※最終日は午後6時閉場)・
吹き抜けまわり特設会場・ライフスタイル雑貨売場(最終日も午後8時まで)

ネッタさんの「クリスマス最新事情とムーミン谷」(東京)講演開催

ネッタさんの講演

フィンランド語講座ゲスト講師で、北海道大学(現代日本学プログラム)に留学中のネッタ・ホンギスト(Netta Hongisto)さんの講演が、NHK文化センター八王子教室で行われます。

内容はフィンランドのクリスマス最新情報や、日本とフィンランドのクリスマスの相違点、ムーミンのお話など。

ネッタさんの講演は日本語で行われるので、外国語が苦手な人でも大丈夫。

フィンランドに興味のある方の参加をお待ちしています。


フィンランド人が教えるクリスマス最新事情とムーミン谷

詳しくはこちら→ネットで申し込みもできます

あら ひろこさんの「カンテレクリスマスコンサート」(小樽開催)

あら ひろこさんカンテレコンサート

フィンランドの伝統楽器カンテレの奏者、あら ひろこさんのカンテレコンサートのお知らせです。

「現在フィンランド語も勉強されているあらさんの小樽でのコンサートです。

クリスマス前のあわただしい時期ですが、小樽の夜景も楽しみながら、心和むひと時を過ごすというのはどうでしょう。」

(水本先生談)


HIROKO ARA KANTELE CHRISTMAS CONCERT IN OTARU

フィンランド映画「オンネリとアンネリのふゆ」が上映されます

「オンネリとアンネリのふゆ」フライヤー

フィンランド語講座講師の水本先生から、フィンランド映画上映のお知らせが届きました。

12月29日(土)からシアターキノ(札幌)でフィンランド映画「オンネリとアンネリのふゆ」(2015年)が上映されます。

フィンランドで長く愛され続けるマリヤッタ・クレンニエミの児童文学原作、小さな女の子オンネリとアンネリの物語です。

なお、12月31日、1月1日はシアターキノの休館日なのでご注意願います。

オンネリとアンネリのふゆ

詳しくはこちら→公式サイト