kolme korttia 3通のカード | フィンランド語講座
*

フィンランド語講座

北海道フィンランド協会

Home

kolme korttia 3通のカード

サヴォンリンナ(Savonlinna)、50年代のポスター

昨日は嬉しいことに3人のフィンランド人からカードが届きました。2通はフィンランドから、1通は私の先生であるセイヤ先生からです。セイヤさんは今年久しぶりに春から夏をフィンランドで過ごそうという計画がコロナ禍でダメになってしまい、気落ちしているかと思いましたが、カードの内容からは元気そうな様子がうかがわれ、「住んでいる地域の真駒内には桜の木がたくさんあるから、一人で小さな花見の瞬間を楽しむつもりだ」とのことでした。

フィンランドからのカードの1通は、約10年前にオウル大学から北大に留学したJarkko君から。今もオウルに住み、フィンランド語と英語の翻訳の仕事をしています。

Onneksi käännöstöitä voi tehdä kotona, ja kaikki läheiseni ovat (vielä) terveitä.
「幸運にも翻訳の仕事は家で行うことができるし、すべての自分の近親者は(まだ)元気です。」

もう一通は昨年度ラップランド大学(ロヴァニエミ市)から札幌大学に留学していたPetraさん。

スイセンはフィンランド語でnarsissi

Ensi viikolla on pääsiäinen! Viime vuonna se oli hieman erilainen, niin tätä vuonna odotan sitä innolla!
「来週(4月12‐13日)はイースターです!去年(日本にいた時は)それは(フィンランドとは)かなり違っていたので、今年はワクワクして待っています!」

ペトラは再度日本への留学申請を行い、成り行きを見守っているところだそうです。再来道し、授業にも遊びに来てくれる日が少しでも早く訪れてくれればと願っています。

カードの日付はJarkkoのものが3月25日(オウルの消印3月31日)、Petraのが4月1日(オウルの消印4月3日)、いずれも札幌に届くまでに20日以上かかっています。クリスマスのシーズンを除くとフィンランドからの郵便は5‐7日で到着するのが普通なのですが・・・

皆さんお元気で!