syyspäiväntasaus 秋分 | フィンランド語講座
*

フィンランド語講座

北海道フィンランド協会

Home

syyspäiväntasaus 秋分

ソーセージ、美味しかったなあ

今日は秋分の日。日本は祝日ですが、フィンランドでは秋の一日に過ぎないので、昨日の授業でJussi君も秋分をフィンランド語で何と言うか一瞬忘れていたほどです。syysはsyyskuu(「秋の月」=9月)でもお分かりのように、syksy「秋」のこと、päiväntasausはpäivä「(1)日」をtasaus「等分」するの意味です。季節を表すフィンランド語を覚えている方は、「春分」はkevätpäiväntasausと言えばよいと察しがつくことでしょう。kevätが「春」でしたね。

一番最後にフィンランドに旅行した2017年の秋分の日はどう過ごしていたか、写真のデータから、Pohjanmaa(オストロボスニア地方)のKalajoki近くの、旧留学生Ullaのご両親の別荘にお邪魔していたことがわかりました。懐かしい思い出に浸りながら、夕方のクラスの授業の準備を進めることにします。