さっぽろ雪まつりの国際雪像コンクールにフィンランドチーム参加 | フィンランド語講座
*

Home

さっぽろ雪まつりの国際雪像コンクールにフィンランドチーム参加

2月5日からスタートの今年の札幌雪まつりに先駆けて、4日から大通西11丁目で国際雪像コンクールが行われており、フィンランドからも私の知人のJanne, Arto, Mattiが参加しています。テーマは「カレワラ」に登場する呪術師のヨウカハイネン。カレワラだけでもマニアックなテーマですが、ヨウカハイネンとはさらにマニアックです。

左よりJanne, Arto, Matti

左よりJanne, Arto, Matti

「カレワラ」のことをよく存じない方も多いでしょうから、会場に英語と日本語の簡単な説明がありました(写真)。おおむね該当する部分のフィンランド語は以下のようになります(訳は小泉保著『対訳 カレワラの歌 第一巻』大学書林のp28-29『ヨウカハイネンの屈服』を引用)。同書によればjoukahainenはフィンランドの北部方言では「白鳥」(標準フィンランド語だとjoutsen)の意味があるそうです。

 

 

 

DSC04553 

Siitä nuori Joukahainen               そこで若いヨウカハイネンは                  
toki viimein tuskautui,     ついにたまらなくなってきた。
kun oli leuan liettehessä,     顎が泥に埋まり、
parran paikassa pahassa,   髭が汚い所についた、
suun on suossa, sammalissa   口が沼の中に、苔の中に、
hampain haon perässä.    歯が朽ち木の端についたとき、
 Sanoi nuori Joukahainen:    若いヨウカハイネンは言った。
,,Oi on viisas Väinämöinen,  「おお賢いワイナミョイネンよ。
tietäjä iän-ikuinen!       不滅の聖者よ!
Laula jo laulusi takaisin,    もうあなたの歌を歌い戻してくれ、
heitä vielä heikko henki,    弱い魂を救ってくれ、
laske täältä pois minua!    ここからわたしを出してくれ!

このあとヨウカハイネンは命を救われた代償に、妹のアイノ(Aino)をワイナミョイネンに差しだすことを余儀なくされてしまいます。

7日の晩まで製作を続け、8日の午前中には表彰式があります。詳しいスケジュール等は札幌雪まつりの公式HPなどで確認ください。顔に似合わず?お茶目で楽しい連中なので応援よろしくお願いします。

4日作業終了時

4日作業終了時

会場近くのお気に入りの焼肉屋「欽ちゃん」で

会場近くのお気に入りの焼肉屋「欽ちゃん」で