「なぜ北大に留学したのですか?」、「なぜ京都に行ってきたのですか?」 | フィンランド語講座
*

フィンランド語講座

北海道フィンランド協会

Home

「なぜ北大に留学したのですか?」、「なぜ京都に行ってきたのですか?」

2016年3月31日

3月30日授業風景

3月30日授業風景


昨日の「上級サークル」ではvalita「選ぶ」という動詞の便利さ、そしてより生き生きとするフィンランド語表現にするためのスパイスとなるような一語を学びました。

「なぜ北海道大学(Hokkaidon yliopisto)に留学したのですか?」、「なぜ(春休み中に旅行先として)京都に行ってきたのですか?」を尋ねる時、「なぜ北海道(大学)を選んだのですか?」、「なぜ京都を(旅行先として)選んだのですか?」と言えば動詞valitaを使って比較的簡単に言うことができます。

Miksi (sinä) valitsit Hokkaidon?
Miksi (sinä) valitsit Kioton?
です。おのおの最後の-nは「~を」のサインです。京都は「母音調和」のためにフィンランド語ではKyotoとなりません(「母音調和」は授業で、あるいは機会があればまたこのブログで取り上げたいと思います)。

ここからはユハ君のコメント。「(他でもない、まさに)北海道を(選んだ)」、「(東京でも大阪でもなく)京都を(選んだ)」というニュアンスを出したかったら副詞juuriを加えて、

Miksi (sinä) valitsit juuri Hokkaidon?
Miksi (sinä) valitsit juuri Kioton?
がより良いとのことでした。全く同感です。この一語で質問がとても生き生きとしたものになると思います。