5人目は「緑薔薇」君でした | フィンランド語講座
*

Home

5人目は「緑薔薇」君でした

2015年10月20日

ユハ君が新しい留学生を授業に連れてきてくれました。Mika Grönroos君、近い日本語表記はミカ・グロンロースでしょうか。

ミカ・グロンロース君

ミカ君(左はユハ君)

ミカ君はトゥルク出身の26歳。トゥルク大学からの交換留学生兼研究生というステイタスで、来年の1月末まで在札予定です。電子工学が専門で、lenkkeily(ジョギング)と専門分野を駆使して各種装置(たとえばLEDなどを使って)を作るのが趣味だそうです。先日の水曜上級サークル訪問時は、生徒さんのインタビューに対し、「温泉に入りたい」、「函館がきれいな街と聞いたので訪問してみたい」、「いろいろな食べ物を味わってみたい」等々抱負を語ってくれました。

Grönroosはスウェーデン系の名前ですが、名字がスウェーデン系なだけで、ミカ君自体は生粋のフィンランド人です。grönは「緑」(英語ならgreen)、roosは「薔薇」のことです。このなかなかロマンティックな「緑薔薇」さん、珍名というほどではなく、VRK(住民登録センター)によれば、フィンランドには二千人を超える「緑薔薇」さんがいるようです。

「ン」が「ソ」っぽいのであとでみんなで直してあげました

「ン」が「ソ」っぽいのであとでみんなで直してあげました

ミカ君、先日は洗剤と間違えてブリーチを洗濯機の中に入れてしまったそうで、大変でしたね。