ブログ | フィンランド語講座
*

pesäpallo, mölkky, jatsi ja kalja ペサパッロ、モルッキュ、ジャズそしてビール

昨日の14日は久しぶりにペサパッロ(フィンランド野球)とモルッキュ(フィンランド式棒倒し)を楽しみました。北海道は不順な天候が続いていますが、蒸し暑いくらいの好天に恵まれました。フィンランド人4名も参加、Ronjaの同居人のローサさん(国はデンマークだったかな)も参加、一方日本人は入門コースの2名を含む10名弱が参加しました。

試合形式でもやってみました

Manne(左)とEssi(右)

札大の留学生Manneは「ペサパッロのサークルがフィンランド協会にあるの?やろうやろう!」と言っていただけあって大変上手でした。GFで一緒に留学しているEssiも運動神経の良いところを見せていました。一方Jussiは「あー、小学校の頃のトラウマがよみがえるー」などとおどけながらも楽しんでいる様子でした。初参加のRonjaとローサさんもなかなか上手でした。Ronjaは次回はスカートでなく、ジャージでも履いたほうがいいんじゃない?

その後クールダウンも兼ねたモルッキュは、老若男女問わず楽しめるゲームで、今回も白熱しました。ピンは倒れた場所に起こすので、だんだん拡がってきます。ピンを一本倒したらそこに書いてある1~12の数字が得点、複数本倒したら倒した本数が得点で、ぴったり50点で上がるのがポイントです。50点を超えてしまうと25点に逆戻りです。

モルッキュ(投てき順Jussi)

幹事役の市川理事、お疲れさまでした。昨年はこのイベント1度もできなかったので、今年はあと2回くらいは行いたいそうです。よろしくお願いします。

このイベントの後は、フィンランド人3人とすぐに市内南部のインターナショナルスクールで行われているクラフトビールのイベントに行く予定だったのですが、予想外の蒸し暑さで全員の服は汗びっしょり、留学生たちは一度帰宅してシャワーを浴び、着替えたいということで、着替えを持っていた私は2時間ほどの空き時間ができました。そこでお誘いを受けていた旧受講生の森さんがヴォーカルを務めるPink Pepperが出演するSapporo City Jazzのイベントを聞きに、札幌駅横のESTA2階のビアガーデンへと向かいました。

 

 

 

 

ESTA2階のビアガーデンは8月末まで23時までやっているのですね。知りませんでした。風が抜けない建物の角に会場があるせいか、一段と暑さが身にしみましたが、ビールのうまいことうまいこと。暑さを切り裂くような森さんの素敵な歌声が、久しぶりの本格的な運動でくたびれた体に元気を与えてくれました。

2人が指さす先は‐そう、Suomen lippu!

森祐江(もり さちえ)さん

そして無事待ち合わせの地下鉄澄川駅からインターナショナルスクールへ。学校でビールメインのイベントを行うところ、体育館の2階の手すりに(おそらく在校生の出身国の)国旗が並んでいるあたりが、なんともインターナショナルな雰囲気でした。エストニアの黒ビール他4杯をさらに頂き、ほろ酔い加減で4人でスーパーでの買い物、わが家での焼肉・焼魚・焼野菜パーティへと続くのでした(以下省略)。エゾ梅雨のような不順な天候が続く今夏の、エアポケットのような暑くてイベント満載の一日でした。

salmiakkitäytesuklaa サルミアッキ入りチョコレート

元火曜中級コースの受講生で、今月上旬初めての海外旅行でフィンランド行きを果たしたYさんから、お土産にいただきました。13日の授業時にゲストのJussi君、受講生の皆さんと分けていただきました。Jussi君にはもちろんお気に入りの味ですが、冷蔵庫で冷やしておいたチョコをあまり食べた経験がないようで、「この冷やしたのはなかなかおいしい」と生徒さんが残した数粒を、あっという間に平らげてしまいました。私も久しぶりに食べましたが、おいしかったです。単語の切れ目は初級以上の受講者ならお分かりかと思いますが、salmiakki/täyte/suklaaです。täyteは「詰め物」の意味です。

「フィンランドの子どもの育ちと教育、暮らし」講演会

北海道フィンランド協会の主催・後援行事ではありませんが、チラシにあるようなイベントが今月24日に開催されます。私はテーマそのものにそれほど関心はないのですが、講師が日本フィンランド協会編の「日本語フィンランド語辞典」の編纂者の一人ということで、どういう方か、ちょっと興味があるので参加の申し込みしました。申し込みは20日(金)までです。

「第3回北海道大学フィンランドディ」が開催されました

第3回北海道大学フィンランドディ

2018年6月30日(土)「第3回北海道大学フィンランドディ〜みんなで夏至祭を楽しもう!〜」が開催されました。

第1部はムーミンパパとニョロニョロの学術的な説明やフィンランドに留学した北海道大学生などの講演、第2部はフィンランド語講座受講生も参加して歌やカンテレの演奏、その後フィンランド語講座ゲスト講師たちの講演が行われました。



あらひろこさんとサルミアッキの方々

カンテレ奏者のあらひろこさんは、札幌カンテレクラブ(北海道フィンランド協会)代表。2013年フィンランドで開催された第2回国際カンテレコンペティションプロフェッショナル部門準優勝という実力の持ち主です。

日本各地でコンサート活動を行っているあらさん、フィンランド語を学び続けたいけれど、忙しくてなかなかフィンランド語講座に復帰できないそうです。

一緒に出演したサルミアッキ(札幌カンテレクラブ所属)には、フィンランド語講座水曜サークル生こうの ちえさんや中級コース受講中のまゆみさんも参加しました。
こうの ちえさんはフィンランド語講座上級コース卒業生、完璧なフィンランド語で歌を披露。
あらひろこさんとサルミアッキの方々のカンテレ演奏と合唱はとても爽やかで素敵でした。



シリヤ・イヤスさんとユッシ・ヌルミさん

北海道大学に留学中のフィンランド語講座ゲスト講師シリヤ・イヤス(Silja Ijas)さんとユッシ・ヌルミ(Jussi Nurmi)さんは日本とフィンランドのサウナの違いや見た目がちょっと怖い古代信仰について講演を行いました。

フィンランド発祥のサウナ(sauna)。
日本のサウナに行くと、「水掛け禁止」という表示が出ていることがよくありますが、本場フィンランドでは水を掛けて蒸し蒸しの中で入るそうです。



ネッタ・ホンギストさんとミア・ティッロネンさん

同じく北海道大学に留学中でフィンランド語講座ゲスト講師のネッタ・ホンギスト(Netta Hongisto)さんとミア・ティッロネン(Mia Tillonen)さんは日本人が想像するフィンランドについて講演を行いました。

日本各地で人気の北欧デザイン。家具や雑貨・服飾などでよく見られますが、国旗と言語の表記がバラバラで正しく表示されていないことが多いそうです。

「かわいい」に対する日本人とフィンランド人の感覚の違いも興味深い内容でした。


Sää on kuin morsian. 「天気は花嫁のようです。」

6月に入り札幌も良い天気が続いていますね。今日は30℃超えとか。昨日のひどい黄砂(Aasian pöly「アジアの埃」, keltainen pöly「黄色い埃」, keltainen hiekka「黄色い砂」, keltainen tuuli「黄色い風」など色々な呼び名があるようです)は、爽やかな札幌の初夏には似合わない飛来物でしたが…

Seitseminen kansallispuisto (セイッツェミネン国立公園、2017年9月6日)

雲一つないような好天をあらわす「日本晴れ」はあまり使わなくなってしましましたが、同じ意味を表すフィンランド語のSää on kuin morsian.「天気は花嫁のようです。」は結構使うそうです。

「花婿・新郎」のsulhanenと一緒に「花嫁」を表すmorsian、そしてこの言い回しをぜひ覚えてください。

lohikeitto 久々の「サーモンスープ」

6月1日~3日は北大祭でした。私はあまり混雑(tungos)が好きではないので、北大祭の時期はキャンパスへは出向かないことが多いのですが、フィンランド人留学生がlohikeitto(lohi「サーモン」+keitto「スープ」)の屋台を出店していると聞いたので、土曜日に出掛けました。

好天のおかげで会場は大賑わい。そして北大のメインストリートと北12条のイチョウ並木の交差点の近くの立地条件の良い場所で、客寄せをやっている留学生のSaijaの姿を、そしてテントの中にJussiの姿を認めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりのlohikeitto、フィンランド料理には欠かせないディル(tilli)が入っていないのは残念でしたが、久しぶりに私の好きなフィンランドの味を楽しみました。ディルは大きなスーパーでないと売っていないし、とても高いですものね。

料理はほとんどやりませんが、夏至祭や農作業でお世話になっている伊達市大滝区では、サーモンスープやボルシチを現地で収穫した野菜で作る時もあります。サーモンスープは北大の国際本部にいるJuha君のおばさんのレシピで作っていますが、いつかご紹介したいと思います。

simpanssi???

「シンパンッシ」、さて何でしょう? 先週の初め札幌円山動物園で、飼育係の不注意からもう少しで檻から脱走しそうになった我々の親戚筋です。

フィンランド語は「ジ」、「ジュ」といった音がないので、これらの音が入った外国語は、sやkの音などを使って借用することが多いです。他の例としてはkirahvi(キリン、英語ではgiraffe)とか。子音で終わることが多いゲルマン語系の語を外来語として取り入れるときは-i終わりのことが多いのも、知っておくとよいでしょう。

フィンランド語はtsで表される「ツ」の音はありますが、これはフィンランド人にも発音しずらい音のようで、入門~初級の方もご存じのmetsä(森)やseitsemän(7)なども、前者は「メッタ」、後者は「セイッテマン」あるいは「セイヒテマン」のように発音している人が結構います(方言の影響も大)。

第3回北海道大学フィンランドディ〜みんなで夏至祭を楽しもう!〜

第3回北海道大学フィンランドディ

「第3回北海道大学フィンランドディ〜みんなで夏至祭を楽しもう!〜」が開催されます。フィンランドの生活や文化、音楽、学生の留学体験等について、講演が行われます。

今年のフィンランドディ第2部ではフィンランドの伝統楽器「カンテレ」の演奏などが行われ、フィンランド語講座中級コース在籍中のまゆみさん他、札幌カンテレクラブ(北海道フィンランド協会)の方々が出演します。

北海道大学に留学中でフィンランド語講座ゲスト講師も担当している、シリヤ・イヤスさん、ユッシ・ヌルミさん、ネッタ・ホンギストさん、ミア・ティッロネンさんの講演も予定されています。

フィンランドに関心をお持ちの方は、どなたでも参加できます(参加無料)。参加登録は6月25日(月)まで。

詳しくはこちら→第3回北海道大学フィンランドディ


第3回北海道大学フィンランドディ〜みんなで夏至祭を楽しもう!〜

  • 日時:2018年6月30日(土)
       11:30〜 パネル展示とカフェコーナー(北大カフェプロジェクト)
       13:00〜16:20 講演会(無料 受付12:30〜)
       16:35〜17:35 懇親会(有料 参加費:1,500円)
  • 会場:北海道大学農学部大講堂(農学部本館4階)
      (JR「札幌駅」から徒歩12分、地下鉄南北線「北12条駅」から徒歩11分)

第19回おおたき国際ノルディックウォーキング

第19回おおたき国際ノルディックウォーキング

ノルディックウォーキングは、フィンランドのクロスカントリースキー選手が夏期トレーニングのため、ポールを使ってハイキングやランニングをしたことが始まりと言われています。

国内では伊達市大滝区(旧大滝村)が発祥の地とされ、大滝総合運動公園周辺コースで毎年開催しています。

フィンランド語講座担当の水本先生は「Myポール」持参で参加しているそうです。

フィンランド語講座ゲスト講師のフィンランド人留学生達も参加予定。

ポールの無い方にはポールのレンタル(有料)、参加者全員に北湯沢温泉の無料入浴券のプレゼントもあります。


第19回おおたき国際ノルディックウォーキング

  • 日時:2018年7月1日(日)9:00〜開会式(8:00〜受付)
  • 集合場所:大滝総合運動公園「キートス マヤ」(無料休憩施設)
                 北海道伊達市大滝区大成町1番地
  • 参加料:1人1,500円
    レンタルポール:1組300円
  • 申込期日:2018年6月12日(火)

詳しくはこちら→第19回おおたき国際ノルディックウォーキング

フィンランド語講座ゲスト講師のシリヤ・イヤスさんがラジオ出演

シリヤ・イヤス(Silija Ias)さん

フィンランド語講座ゲスト講師のシリヤ・イヤスさんがAIR’Gの番組に出演します。

放送日時:2018年6月10日・17日(日)18:30〜18:55
AIR’G 80.4 FM HOKKAIDO 「世界のあこがれ〜北海道ブランド〜」

なお、放送後1週間スマホやパソコンからradikoで聴くことができます。

詳しくはこちら→世界のあこがれ〜北海道ブランド〜