9月 | 2015 | フィンランド語講座
*

かでる2・7

入門コース(火)と初級コース(木)の会場は、「かでる2・7」です。

  • 住所:〒060-0002
    札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル かでる2・7
  • JR札幌駅南口:徒歩13分
  • 地下鉄
      さっぽろ駅(10番出口):徒歩9分
      大通駅(2番出口):徒歩11分
      西11丁目駅(4番出口):徒歩11分

受講料

どのコースでも1期10回分の受講料は、

フィンランド協会会員
13,000円
フィンランド協会非会員
15,000円

1コース(4期)受講される予定の方は、入会された方が若干お得です。
会員には、協会の会報・フィンランド関係のイベント等のご案内が送付されます。

 

受講料の比較表

  非会員 会員 会員
  一般&学生 一般 学生
受講料(1期 10回分) 15,000円 13,000円 13,000円
フィンランド協会
入会金
1,000円 1,000円
協会費(1年分) 3,000円 2,000円
合計(1コース4期分) 60,000円 56,000円 55,000円

水本 秀明(みずもと ひであき)

水本秀明(どっち?)

生年月日
19××年9月27日
 *私と私の先生の川上セイヤさんの年齢を尋ねたり推測することはタブーとなっています(笑)
出身
札幌市
 *本州に8年、フィンランドに2年住んでいたことがありますが、基本的には生まれも育ちも札幌です
趣味
昔は旅行、今はだれにも邪魔されずフィンランド語の文法をちまちま考えること 古武道(全然上手になりませんが15年くらいやってます)
好きなもの
酒(各種)、蕎麦、休まずに来る(orちゃんと連絡して休む)生徒さん
嫌いなもの
スマホ・携帯(持っていません)

フィンランド(語)とのかかわり(話せば長くなるので頑張って要約します)

私がロマンチックな大学生だったころ、北欧アイスランドで撮られたある写真を見て、ぜひこの国に行ってみたいという熱情にかられました。

当時はアイスランドへ行く方法は(インターネットもなく首都圏にも住んでいなかったので)わからず、ともかくロンドンへ行けばアイスランド行きの飛行機はあると踏んで(実際あった)、3か月半ほどのヨーロッパ放浪へと出かけました。

アイスランドには約1か月滞在し(予想通りの美しい国でした)、北欧の他の国々へも旅行したいと思ったのですが、当時アイスランドは世界でも有数の物価の高い国で、ユースホステルと周遊用のレンタカー(Fiat Uno)の中で寝て節約しても残金は少なく、秋から冬に旅行したこともあって物価が安く温暖なスペインやポルトガルで残りの旅行期間の大部分を過ごしました。

その後フィンランドには全く縁はなく大学卒業(上記放浪のせいで卒業が2年遅れた、ということになっています)、首都圏で就職したのですが、人は多すぎるし夏の暑さにも耐え難し、ということで札幌に帰ってきました。

ある日北海道新聞で「フィンランド語講座開講」という小 さな記事を見つけ、フィンランドは大学時代に行けなかった北欧諸国の一つである、どんな国だろうという単純な考えから受講の申し込みをしました。

初めての授業へ行ってびっくり。講師の川上セイヤさんは、昔同じ団地に住んでいて乳母車を押している姿をよく見かけたことがありました。名前も国籍も当時知りませんでしたが、すらりと伸びたストレートの金髪や遠目に見る顔立ちから「アメリカ人ではないな」と推測していました。

受講時はセイヤさんの団地にはもう住んでいなかったのですが、家が近いこともあって、アウトドア好きのセイヤさんや他の生徒さんたちとハイキングや山登りに一緒に行って、(授業時よりもむしろそんな場で)どんどんフィンランドのこと、フィンラン ド語のことを教えてもらいました。授業後もいつも皆でビールを飲みに行ってました。

2年間ロヴァニエミ(サンタクロース村がある北極圏の町)のラップランド大学へ私費で留学し、北欧の少数民族サーミの中の「イナリサーミ」という小さなサブグループの消滅の危機に瀕しつつある言語「イナリサーミ語」がどのように家庭や学校で使われたり指導されているかに特に興味を持ちました。

留学後、おもに文法の説明などでセイヤさんのアシスタント役を数年務め、2000年ころから、セイヤさんが春から秋をフィンランドで過ごすことになったのに伴い、彼女が不在の期間にメインの講師として指導に当たるようになりました。

昔の生徒さんで、北海道大学に勤務している土本 光一さんの推薦で、2006年から北大で非常勤講師としてフィンランド語を教えることができるようになり、これも10年目を迎えました。

みなさんよろしくお願いします!(ちなみに、こういう言い回し・発想はフィンランド語にはなく、翻訳不能)

語学講座使用テキスト

語学講座使用テキスト・販売書籍類(いずれもフィンランドから購入、頒布しているものです)

*販売に当たっては語学講座受講者、北海道フィンランド協会会員の購入を優先させていただきます。また非会員の方の購入に当たっては別途送料がかかりますのでご承知ください。

  1. テキスト:Hyvin menee!1「調子いいよ!1」
    2014年度から使用を始めたカラフルで親しみやすい入門・初級用テキストです。文法だけでなく、「買い物」・「通院」・「乗り物に乗る」など場面ごとの言い回しや語彙が充実しているのも特徴です。 当協会の語学講座では、2年間、約120時間かけて全24課を終了させることを目標にしています。

    フィンランドでの書籍や送料の高さ、および最近のユーロ高傾向のため、定価は¥6,500以上するのですが、受講者に大きな負担をかけないようにフィンランド協会が購入費補助をして、受講者には税込¥4,500で購入してもらっています。文法説明がフィンランド語なので独習は困難です。
    *現在の在庫がなくなったのち、次回の入荷以降は定価税込¥5,000に値上げの予定です。ご承知おきください。
  2. テキスト:suomea suomeksi 2「フィンランド語をフィンランド語で2」
    現在土曜上級サークルで使用している中・上級生(おおむね受講歴3-4年)用テキストです。イラストや写真がほとんどないのでとっつきにくく、文法説明もフィンランド語ですので独習は難しいテキストですが、クラスの授業用としては文法説明も充実し、各課の終わりに練習問題もあります。受講者には税込¥3,000で購入してもらっています。
    なお来年度以降は中・上級生用に新テキストHyvin menee!2「調子いいよ2」を使用する予定ですが、Skypeによる個人授業では引き続き使用予定です。
  3. テキスト:suomea suomeksi 1「フィンランド語をフィンランド語で1」
    以前初級・中級コースで使っていたテキストで、修了時にはフィンランド語の4時制(現在、過去、現在完了、過去完了)および名詞・形容詞の単数・複数形の格変化のシステムをほぼ理解することができます。講師作成の関連の練習問題や説明プリントが充実しているので、Skypeによる個人授業では引き続き使用予定です。

    税込価格¥3,000。
  4. フィン・日辞典:フィンランド語日本語辞典A-MおよびN-Ö(2分冊)
    トゥルク大学でフィンランド語を専攻されていた幡野恒(はたのひさし、哲学修士)さん編纂の辞書です。収録語は約77,000、たいていの語は載っています。幡野さんは随時新しい語を追加するなど当該辞書の充実に努められ、最新版は第4版(2014年)です。A5サイズで2冊合わせての厚みは6cm強、ソフトカバー。

    当語学講座では幡野さんに直接注文・発送をお願いすることで、2冊で税込¥7,000と破格の頒布価格で受講者に購入いただいています。
  5. 日・フィン・日辞書:医学・解剖学用語辞典日本語‐フィンランド語‐日本語
    幡野恒さんが2010年に編纂、医学・解剖学に関するフィンランド語の用語を知る手がかりとして参考になる辞書。幡野さん自身が長年のフィンランド生活で、自らの症状を医師に伝えたり、医師の診断を理解したりするのに苦労した経験をきっかけに作成したとのこと。

    A5版ソフトカバー、97ページ、頒布価格税込¥2,000。
  6. 日・フィン辞書:Japani-suomi-sanakirja テロ・サロマー著
    Tero Salomaaさんは元北海道大学留学生、現在は北海道大学ヘルシンキオフィス副所長として活躍しています。この辞書の見出し語は約8,000、十分とはいえない語数ではありますが、用例はなかなか豊富で、日本で発行されている日・フィン辞書(大学書林の日本語フィンランド辞典(荻島崇著)は定価¥36,720、日本語フィンランド語小辞典(同著者)でも¥9,000以上することを考えると大変お得です。頒布価格税込¥3,500、A5サイズでハードカバー。5冊ほど在庫がありますが、売り切れ後の再入荷予定はありません。

2015年 入門コース第3期のご案内

 第三期はテキストのおおむね7課~9課を進む予定です。6課でいきなり40~50もの動詞が出てきて面食らった方も多いかと思いますが、7課以降も多くの動詞が出てきます。

  1. 少しでも多くの動詞の人称変化に慣れる(7~8課)
  2. (先延ばししていた)単数分格の用法-a/ä, -ta/tä, -tta/ttäの概略を学ぶ(9課)

あたりが第三期の中心テーマになるかと思います。

 10月に入ると新しい留学生と私の先生の川上セイヤさんの授業来訪が予想されます。 特になかなかフィンランドへ旅行する予定が立てられないという方は、彼らとの交流を深めて、フィンランドに対するモチベーションを上げてください。

講師:水本秀明

フィンランド語 入門コース第3期要項

講師
水本秀明、川上セイヤ(10月中旬以降)
  
および在札のフィンランド人(随時)
時間
毎週木曜日19:00~20:30
授業日程と会場
(かでる2・7の使用教室)

1 10月1日 和室「樹」6F
2 10月8日 110室
3 10月15日 1010室
4 10月22日 1020室
5 10月29日 1020室
6 11月5日 1010室
7 11月12日 110室
8 11月19日 1010室
9 11月26日 1020室
10 12月3日 110室

*110会議室⇒1F(総合案内すぐ隣)、1010・1020会議室⇒10F
**今期は12月10日(木)と17日(木)を補習日とし(会場:フィンランド協会事務局を予定)、最終第4期を1月14日(木)あるいは21日(木)からスタートさせる予定です(詳細は11月下旬には皆さんへ連絡予定です)。

テキスト
Hyvin menee!1(「うまく行ってるよ!1」)
受講料
1期10回 13,000円(会員)、15,000(非会員)

 防犯上・事務手続上の理由から、授業料の銀行振込にご協力ください。ご協力いただける場合は、振込手数料負担となり誠に恐縮ですが、

  • 北洋銀行本店(普通)0816295
  • 北海道銀行本店(普通)2352451
  • ゆうちょ銀行 02750-7-2695

口座名「北海道フィンランド協会会長井口光雄」までお振込ください。振り込みが済みましたら、お名前・所属コース・振込先銀行・振込額を協会事務局鈴木までメールまたはFaxにてご連絡ください。また早期の授業料振込にご協力顕います。なお各種ご質問、欠席の際は水本までメール(akilapinhullu@yahoo.co.jp)でご連絡いただけると嬉しいです。

2015年 初級コース第3期のご案内

フィンランド語 初級コース 第3期要項

講師
片瀬康勝 (北海道フィンランド協会理事)
会場
北海道フィンランド協会事務局
時間
毎週土曜日19:20~20:50
授業日程
第3期:平成27年9月26日~平成27年11月28日

1 9月26日
2 10月 3日
3 10月10日
4 10月17日
5 10月24日
6 10月31日
7 11月 7日
8 11月14日
9 11月21日
10 11月28日
テキスト
Hyvin menee!1(テキスト代 4,500円)
受講料
1期10回分 13,00O円(会員)、15,000(非会員)

 防犯上・事務手続上の理由から、授業料の銀行振込にご協力ください。ご協力いただける場合は、振込手数料負担となり誠に恐縮ですが、

  • 北洋銀行本店(普通)0816295
  • 北海道銀行本店(普通)2352451
  • ゆうちょ銀行 02750-7-2695

口座名「北海道フィンランド協会会長井口光雄」までお振込ください。振り込みが済みましたら、お名前・所属コース・振込先銀行・振込額を協会事務局鈴木までメールかFAXにてご連絡ください。また早期の授業料振込にご協力顕います。
昨年度まで受領確認のはがきを送付しておりましたが、今年度からは金融機関発行の明細書・通帳の記録などでこれに代えさせて頂きます。別途領収書が必要な方は講師までお申し出下さい。

2015年 上級コース第3期のご案内

第二期は難しい文法事項「比較級・最上級」に加え、「節代用表現」の15・16課を何とか終了できそうで、今年度中のテキスト修了も見えてきました。 次期は最低20課までは進みたいと思っています。「動作主分詞」、「目的構文」、「第二不定詞」、「時相構文」といった聞きなれない文法事項の履修が中心ですが、「動作主分詞」以外は書き言葉的な表現です。なお、18課に後置詞を使った場所表現、19課にフィンランド語の時間表現のまとめがありますが、これは大変役に立ちます。 10月中旬以降セイヤさんが授業に来てくれると思います。また、新しい留学生の来訪も予想されます。フィンランド人との交流も深めてください。

講師:水本秀明

フィンランド語 上級コース第3期要項

講師
水本秀明、川上セイヤ(10月中旬以降)
  
および在札のフィンランド人(随時)
時間
毎週火曜日19:00~20:30
授業日程
 

1  9月29日(火)
2 10月 6日(火)
3 10月13日(火)
4 10月20日(火)
5 10月27日(火)
6 11月10日(火)
7 11月17日(火)
8 11月24日(火)
9 12月 1日(火)
10 12月 8日(火)

*11月3日(火)を祝日のため休講とします。 **12月15日(火)を補習日とし、最終第4期を1月19日あるいは1月26日(火)からスタートさせる予定です(詳細は11月末には連絡予定です)。

会場
フィンランド協会事務局
テキスト
suomea suomeksi 2(「フィンランド語をフィンランド語で2」)
受講料
1期10回 13,000円(会員料金)、上記教科書を除いた教材費込み。

 防犯上・事務手続上の理由から、授業料の銀行振込にご協力ください。ご協力いただける場合は、振込手数料負担となり誠に恐縮ですが、

  • 北洋銀行本店(普通)0816295
  • 北海道銀行本店(普通)2352451
  • ゆうちょ銀行 02750-7-2695

口座名「北海道フィンランド協会会長井口光雄」までお振込ください。振り込みが済みましたら、お名前・所属コース・振込先銀行・振込額を協会事務局鈴木までメールまたはFaxにてご連絡ください。また早期の授業料振込にご協力顕います。なお各種ご質問、欠席の際は水本までメール(akilapinhullu@yahoo.co.jp)でご連絡いただけると嬉しいです。

2015年 土曜サークル第3期のご案内

フィンランド語 土曜サークル(2015年4月開講)第3期要項

講師
片瀬康勝 (北海道フィンランド協会理事)
時間
毎週土曜日17:30~19:00
授業日程
 

1  9月26日(土)
2 10月 3日(土)
3 10月10日(土)
4 10月17日(土)
5 10月24日(土)
6 10月31日(土)
7 11月 7日(土)
8 11月14日(土)
9 11月21日(土)
10 11月28日(土)
会場
フィンランド協会事務局
テキスト
suomea suomeksi 2をメインテキストとして使用します。
受講料
1期10回分13,000円(会員料金)、上記教科書を除いた教材費込み。

できるだけ、お釣りの必要のないようにお願いします。

2015年 水曜サークル第3期のご案内

Hei,kaikki!

 第2期もフィンランド協会実施の他の語学講座に比べて早いペースで終了しますが、前期同様、授業揚所が松尾さんのおかげで確保できているので、第3期を来週の9日からスター卜することにします。

 野村さん所蔵の童話読解と古い文法事項の復習を中心に進めようと思いますが、セイヤさん帰国の時期も近づき、また面白い話題や記事を向こうから持ち帰ってくれるのではないかと個人的にも楽しみにしています。

 10月以降は新しい留学生の来訪も予想されます。懸案である

  1. フィンランド人ゲストへのより多彩な質問
  2. フィンランド語履修の動機を聞かれた際のスムースな返事

も目標に次期も頑張りましょう!

講師:水本秀明

フィンランド語 水曜サークル 第3期要項

講師
水本秀明、川上セイヤ(10月中旬以降)
  
および在札のフィンランド人(随時)
時間
毎週水曜日19:00~20:45
授業日程と会場
  

1 9月 9日(水) エルプラザ2F(12人用)
2 9月16日(水) エルプラザ2F(12人用)
3 9月30日(水) エルプラザ2F(12人用)
4 10月 7日(水) エルプラザ2F(12人用)
5 10月14日(水) エルプラザ2F(12人用)
6 10月21日(水) エルプラザ2F(12人用)
7 10月28日(水) エルプラザ2F(12人用)
8 11月 4日(水) エルプラザ2F(12人用)
9 11月11日(水) エルプラザ2F(18人用)
10 11月18日(水) エルプラザ2F(12人用)

*9月23日を祝日のため休講とします。
**次期第4期は11月25日(水)スタート予定です(場所も確保済み)。

テキスト
随時教材はコピーで配布しますがSuomea suomeksi 1/2をお持ちください。
受講料
1期10回分13,000円(資料代含む)

 早期の授業料納入とおつりのない支払いにご協力いただければ幸いです。各種ご質問、欠席の際は水本まで直接、あるいはメールでご連絡ください。