語学講座使用テキスト | フィンランド語講座
*

語学講座使用テキスト・購入可能な辞書類

語学講座使用テキスト・販売書籍類(いずれもフィンランドから購入、頒布しているものです)

*販売に当たっては語学講座受講者、北海道フィンランド協会会員の購入を優先させていただきます。また非会員の方の購入に当たっては別途送料がかかりますのでご承知ください。

  1. テキスト:Hyvin menee!1「調子いいよ!1」
    2014年度から使用を始めたカラフルな入門・初級用テキストです。文法だけでなく、「買い物」・「通院」・「乗り物に乗る」など場面ごとの言い回しや語彙が充実しているのが特徴です。 当協会の語学講座では、2年間、約120時間かけて全24課を終了させることを目標にしています。
    フィンランドでの書籍や送料の高さ、および最近のユーロ高傾向のため、定価は¥6,500以上するのですが、受講者に大きな負担をかけないようにフィンランド協会が購入費補助を行い、受講者には税込¥4,500で購入してもらっています。文法説明がフィンランド語なので独習は困難です。

  2. テキスト:suomea suomeksi 1「フィンランド語をフィンランド語で1」
    以前初級・中級コースで使っていたテキストで、修了時にはフィンランド語の4時制(現在、過去、現在完了、過去完了)および名詞・形容詞の単数・複数形の格変化のシステムをほぼ理解することができます。
    2017年度から再度入門コースで使用し始め、中級コースでも現在使用中のHyvin menee!1修了後は、このテキストの21課から学習予定です。入門コースでは終了まで1年半程度を、中級コースは今年度中の修了を目指します。文法説明はフィンランド語ですが、講師作成の文法の要点やの練習問題のプリントがあります。Skypeによる個人授業でも使用しています。税込価格¥3,000。
  3. テキスト:suomea suomeksi 2「フィンランド語をフィンランド語で2」

中・上級コース(おおむね受講歴3-4年)用テキストです。イラストや写真がほとんどないのでとっつきにくく、文法説明もフィンランド語ですので独習は難しいテキストですが、クラスの授業用としては文法説明も充実し、各課の終わりに練習問題もあります。受講者には税込¥3,000で購入してもらっています。
中級コースでは早ければ来年早々使用を開始し、2019年春の修了を目指します。Skypeによる個人授業でも使用しています。

 

【フィンランド協会で購入可能な辞書類】

フィン・日辞典:フィンランド語日本語辞典A-MおよびN-Ö(2分冊)

 

トゥルク大学でフィンランド語を専攻されていた幡野恒(はたのひさし、哲学修士)さん編纂の辞書です。収録語は約77,000、たいていの語は載っています。幡野さんは随時新しい語を追加するなど当該辞書の充実に努められ、最新版は第4版(2014年)です。A5サイズで2冊合わせての厚みは6cm強、ソフトカバー。
当語学講座では幡野さんに直接注文・発送をお願いすることで、2冊で税込¥7,000と破格の頒布価格で受講者に購入いただいています。

日・フィン・日辞書:医学・解剖学用語辞典日本語‐フィンランド語‐日本語

 

幡野恒さんが2010年に編纂、医学・解剖学に関するフィンランド語の用語を知る手がかりとして参考になる辞書。幡野さん自身が長年のフィンランド生活で、自らの症状を医師に伝えたり、医師の診断を理解したりするのに苦労した経験をきっかけに作成したとのこと。
A5版ソフトカバー、97ページ、頒布価格税込¥2,000。

日・フィン辞書:Japani-suomi-sanakirja テロ・サロマー著

 

Tero Salomaaさんは元北海道大学留学生、現在は北海道大学ヘルシンキオフィス副所長として活躍しています。この辞書の見出し語は約8,000、十分とはいえない語数ではありますが、用例はなかなか豊富で、日本で発行されている日・フィン辞書(大学書林の日本語フィンランド辞典(荻島崇著)は定価¥36,720、日本語フィンランド語小辞典(同著者)でも¥9,000以上することを考えると大変お得です。頒布価格税込¥3,500、A5サイズでハードカバー。数冊在庫がありますが、売り切れ後の再入荷予定はありません。